ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

TIME

ガタカよもう一度・・・アンドリュー・ニコル「TIME/タイム」

”時は金なり”な究極の格差社会

 「ガタカ」の監督最新作!ということで”時は金なり”な世界を描いた映画「TIME」を見てきた。

TIME

究極の格差社会を描いた映画「TIME タイム」

 遺伝子操作で人間は25歳に達するとそれ以上肉体は老いなくなった世界。その世界では貨幣が寿命=時間となっていて、コーヒーを飲むのも、バスに乗るのも対価として時間を払う。寿命は労働で稼ぐ。貧しい者はその日暮らしでいつ死んでもおかしくなく、富裕層は永遠の命を手に入れている。究極の格差社会を生んだシステムとは・・・。

というお話で、設定は凄く面白そうなのに、なんだかなぁ。「ガタカ」も同じように究極の差別社会を描いていたけれど、あの映画はフェイバリットになったのに「TIME」はどうしてこうも脆いのか。とにかく突っ込みどころが多いし、主人公(ジャスティン・ティンバーレイク)の父親の謎を匂わせておきながら答えを提示することもなく終わってしまう(”マクガフィン”というわけでもない)。システムを守る警察のキリアン・マーフィーもヒロインの父親も良く見えたのに、肝心の主役がなんだか浮いていて。スケールが大きな話のはずなのに、舞台がとても狭いのだ。そういう設定の世界なら、その世界を破壊しようとする者が現れたなら警察よりも特殊部隊が出てくるほうが自然だし、「リベリオン」みたいな世界観でもいい。

スッキリしない映画。ヒロイン(アマンダ・サイフリッド)は凄く可愛いのだけれど(笑)。「ガタカ」が自分にあまりに良過ぎたのだ。

TIME/タイム (字幕版)
カテゴリ: Sci-Fi & Fantasy

スポンサーリンク
この記事をシェアする