ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

英雄の証明

悲劇の将軍の物語。レイフ・ファインズ監督作「英雄の証明」

俳優陣の迫力の演技で密度の濃い映画

 休日。気になっていた映画「英雄の証明」を見に有楽町へ。

英雄の証明

 映画はシェイクスピアの悲劇の戯曲「コリオレイナス」を舞台を現代に移して描いた映画。主人公のコリオレイナスを演じるのは、舞台でも同じ役を演じてきたレイフ・ファインズ(彼の初監督作品でもある)。

 己の信念を貫き、数々の武勲を立ててきたコリオレイナス。彼はその功績から執政官の候補となるが、彼の頑なさは国民と護民官から傲慢と見られ、反感を買い、ローマを追放されてしまう。絶望し、復習に燃えるコリオレイナスは、幾度も戦ってきた宿敵オーフィディアスのもとを訪れる・・・。というお話。

英雄の証明

原作は未読だけれども、おそらくセリフ回しは同じで、現代世界ではやや大げさにも感じられるのだけれど、その言葉は現代を生きる人間にも突き刺さる。国に尽くす英雄を簡単に扇動され自らの手で追放した国民と扇動した者が、いざ自国に危機が訪れると慌てふためく様は一体どこの国の物語か。権力を欲したわけではなく、自分の誇りを裏切らない生き方を望んだ男の悲しい物語。見ている側は分別を身につけ、少なからず自身を裏切って生きていて、映画の中の人々から暴君に映ったコリオレイナスの生き様はヒーローのようにも見える。

レイフ・ファインズとヴァネッサ・レッドグレイヴの迫力の演技で密度の濃い映画。繰り返して見たい特別な映画だ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする