ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

地面に落ちたiPhone 4S

iPhone 4Sの液晶を割って修理に出したお話。

大事なiPhoneを地面に落とした!

 シンプルな、乾いた音。何が起きたかすぐにわかった。iPhone 4Sを地面に落としたのだ。

地面に落ちたiPhone 4S 地面に落ちたiPhone 4S

 起きたことは元に戻らないので声を出すこともなく拾って歩いたけれど、あーもー(笑)。液晶保護フィルムを貼っていたからガラスにヒビが入っても一応使える状態。しかしこれ以上蜘蛛の巣が広がって、アドレス帳の文字が見えなくなって使えなくなっては困る。iPhoneを修理してくれる業者を検索して、「【iPhone修理あいさぽ】 」というところに持って行くことにした。

Appleの保証外になるけどiPhoneの修理業者に出すと安く直せる

 iPhoneのトラブルの対応や修理は基本、Appleが行い、ソフトバンクへ持って行っても、Appleへ行くように促されるだけ。そしてAppleに持ち込んでも、大抵は交換になり、データをバックアップしたりと少々面倒だったりするようだ。サポート期間の延長と、修理代金の割引が受けられるAppleCareというのもあるけれど、それを使っても、液晶関係の修理代金は2万円近くするらしい(それに今回は自然に使っていて壊れたわけではなく自分が落としたのだし恩恵は少ない)。公式な、純正のサポートという安心感はあるけれど、ちょっと負担になる金額だ。もし、2年毎にiPhoneを機種変していくのなら、1度修理業者を利用してみるのもいいかも、と考えた。

駅近、1時間で修理してくれる業者さん あいさぽ

 あいさぽさんを選んだのは、サイトを見て、場所が会社の近く、というのと、ガラスからデジタイザまで一式交換で9,800円という値段、あと雑誌やラジオでも有名なところらしい、という安心感。修理は郵送受付か電話予約の持ち込みで、持ち込みで修理をお願いした(利用したのは新宿本店)。
受付をしてもらうと、ホームボタンと近接センサーの動作チェックがされた後に見積もりを提示され、サインをすると修理完了予定時間が書かれた用紙を渡される。サイトに書かれていた通り1時間後に出向くと、そこには新品に見えるiPhone 4Sが!パネルだけの交換なので初期化も必要なく、すぐに使える。

修理から戻ったiPhone 4S

 「修理に使われるパーツは純正と同じもの?」と質問すると「同等品です。」と言われたけど、使い心地に違和感は全くなく、するすると気持ちよくUIが動く。多分、他の業者に質問しても同じ答えが返ってくると思うけれど、多分、限りなく純正に近い”同等品”なんだろうと思っていて、安心してるし満足してる。

バンパーと液晶保護フィルム

 あいさぽさんでは修理時にiPhoneの内部クリーニングも行なっているということで、実際、結構汚れていたDockコネクタが綺麗になっていたのが嬉しかった。修理後にはバンパーと液晶保護フィルムをサービスしてくれるのも嬉しい。

 液晶が元通りになったiPhoneを見ていると、それまでアンチグレアフィルムを使っていたこともあって、改めてRetinaディスプレイの綺麗さにニヤニヤしてしまった(笑)。今回のをきっかけに今度は防指紋光沢フィルムを貼ることにした。バックライトが真っ暗にならない限りは意外と映り込みが気にならず、Retinaディスプレイの恩恵を完全に受けられて快適そのもの。アンチグレアフィルムを貼ったときは満足できていたのに。もう戻れない。

 Appleの保証外になるとはいえ、修理業者に出してもちゃんと直る、というのがわかったので、良しとしよう。もう落としたくないけれど。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする