ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

iPhoneで狙い通りのボケの綺麗な写真を作ろう「BIG LENS」

より一眼っぽいきれいなボケ写真を作るならコレ!

 iPhone 4Sのカメラはとてもよくできていて、ブツ撮りでも寄って撮ると結構ボケてくれる。だけど、ボケてくれるものだから「もうちょっと」と欲張りたくなってしまうこともあるもので。そんなときに使っているのがカメラアプリの「BIG LENS」。iPhoneで撮った写真をまるで一眼デジカメで撮ったようなボケの綺麗な写真に変えてくれる。

Big Lens
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル

iPhoneで一眼レフのようなボケの綺麗な写真が作れるBIG LENS。ボケる部分とボケない範囲を自分で指定したい場合は「詳細」を選ぶ。

ハッキリ見せるところとぼかしたいところを自分で設定できる

 ”一眼デジカメ風の写真を作れるカメラアプリ”では「TiltShift Generator – ミニチュア風トイカメラ(AppStoreリンク)」や「モノ撮りカメラ – MonotoriCamera(AppStoreリンク)」もよく使っているけれど、BIG LENSのいいところは「ボケる部分とボケない部分の境界を自分で選択できる」こと。前者のアプリでは円形や長方形で大まかな選択範囲指定はできるものの、被写体が複雑な形状をしていると、「あ、加工ソフトを使ったんだな」という感じが残ってしまうのが気になるときがある。そんなときはBIG LENSの出番だ。選択範囲を指で塗ってマスクできる。

BIG LENSからカメラを使用するか、カメラロールから写真をインポートしたら、まずはボケない部分を指で塗り、マスクする。

 BIG LENSでカメラロールから写真を取り込んだら、マスクのペイント画面が表示されるので、指でマスク部分をペイントしていく。この画面ではピンチイン・ピンチアウトで写真を拡大縮小することができるので、ペンを使わなくても、指でちゃんときれいにマスクすることができる。

しっかりとマスク範囲を塗りたい場合はピンチアウトで拡大して作業できる。拡大したまま画面を移動したい場合は2本指でスワイプする。ダブルタップで元のサイズに戻る。

 マスク部分をペイントし終えたら、画面右上にある右向きの矢印をタップすると、エフェクトの編集画面に移行する。ここでは絞りやボケの形を選ぶことができる。効果がわかりやすいので試行錯誤が楽しい。

絞りの選択画面。絞り開放のF1.8を選ぶとボケが大きくなる。

ボケの形状指定画面。星やハート形などユニークな形状も。一眼カメラっぽくしたい場合は円形か六角形を選ぶとそれっぽくなる。

 絞りとボケの形を選んだら、Instagram風のフィルターを適用することもできる。BIG LENS内で加工してもよし、一旦カメラロールに保存して、お気に入りのフィルターのあるアプリを通すもよし。

暖色系から寒色系までひと通り揃っているフィルター。料理の写真だとウォームやポップウォームがオススメ。フィルターをかける前とかけた後を見比べたいときは「比較」をタップする。

この他にはHDR機能も用意されている。明暗差の激しい写真や、暗めの写真の場合はタップしてみると見やすい写真になるかもしれない。納得のいく写真になったら画面右上の矢印をタップして写真を保存する。

(左)明暗差が激しかったり、暗部が潰れ気味の写真の場合はHDRをタップしてみよう。(右)エクスポート画面では写真を保存する他、すぐにFacebookに投稿する機能も。

(左)オリジナルの写真(右)BIG LENSで加工した写真

 オリジナルの写真と並べてみると、結構それっぽくなるので嬉しくなる(笑)。写真が好きな人は暇つぶしに楽しめるアプリのはず。「一眼で撮ったの?」と聞かれる写真を作りたい時はこのアプリが一押し。

Big Lens
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする