ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

TxDOLBY Music Player

iPhoneの音楽をサラウンドで再生してくれるアプリ「T×DOLBY Music Player」

1000円のイヤホンが高級に!?違いがハッキリわかる音楽再生アプリ

 2016年現在「T×DOLBY Music Player」はAppStoreから入手はできません。アップデート、開発が終了したものと思われます。iOS対応のサラウンド音楽プレーヤーアプリはiOS9に対応した「Boom for iOS」がおすすめです。

 自分はオーディオマニアではないので音楽は「そこそこ良く聴ければいい」くらいに思っていて、1000円のイヤフォンでも満足しちゃってる(過去記事:1000円で買えた当たりのイヤホン Panasonic RP-HJS150)のだけど、なんとなく使ってみた音楽再生アプリが思いの外効果があって気に入った。操作も簡単なのでApple純正の「ミュージック」アプリを置き換えた。

【高音質】T×DOLBY Music Player
カテゴリ: ミュージック, ユーティリティ

 TSUTAYAでお馴染みのカルチュア・コンビニエンス・クラブが出しているiOSアプリ「T×DOLBY Music Player」はスマートフォンに入っている楽曲を、バーチャル5.1chサラウンドで聴けるようにしてくれる(音響効果はヘッドフォン出力のときのみ有効なのでヘッドフォンかイヤフォンの利用が必須)。

TxDOLBY Music Player

T×DOLBY Music PlayerはiPhoneにヘッドフォンかイヤフォンを挿した状態で利用する

iOS向けの高音質化アプリには「appHiFi Dock Enhancer(AppStoreリンク)」や「FANTABIT(AppStoreリンク)」といったアプリもあるけれど、個人的にはT×DOLBY Music Playerが起動も早くてUIもわかりやすく馴染みやすかった(FANTABITは起動に時間がかかるし、再生ボタンが画面上部にあるので慣れが必要だ)。

iOS向け音楽再生プレーヤー

T×DOLBY Music PlayerのUIは標準の「ミュージック」アプリに似ているので操作に迷わない。

T×DOLBY Music Playerを起動すると、画面下部に「プレイリスト」、「アーティスト」、「アルバム」、「曲」、「DOLBY MOBILE(音響効果設定)」のアイコンが並び、iOSの「ミュージック」アプリとアイコンの配置が似ている。T×DOLBY Music PlayerはDRMのかかった楽曲の再生には対応していないけれど、今ではiTunesで販売されている曲はDRMフリーになっているのでiPhoneに入っている曲はそのまま再生可能なはず。

TxDOLBY Music Player

音響効果のON/OFFが切り替えられるので音の変化がわかりやすい。

iPhoneにヘッドフォンかイヤフォンを挿した状態で音楽を再生すると、「DOLBY MOBILE」の音響効果を適用することができるようになって、イコライザ画面でリスニングモードを選択できるようになる(おすすめは「FLAT」と「WIDE」)。音響効果のON/OFFはプレーヤー画面の右端のドルビーロゴか画面上部のドルビーロゴをタップすることで切り替えることができて、音が広がるのがよくわかる。操作に迷ったときはイコライザ画面右上にある「MENU」をタップすれば画面解説がオーバーレイ表示される。

TxDOLBY Music Player

どこをタップすればいいのかオーバーレイで解説が表示される。

ヘッドフォンを挿していないいなくても音響効果はOFFになるものの普通に再生できて、もちろんバックグラウンド再生にも対応しているので、「ミュージック」アプリを置き換えてしまっていい。Apple純正の「ミュージック」アプリはイコライザをわざわざOSの設定パネルに移動しないと利用できないのが腑に落ちない(通知センターや位置情報サービスに関しても腑に落ちない、アプリ側からでも設定できるべきだ)。

iOS6標準「ミュージック」アプリ

iOS6の「ミュージック」アプリではイコライザをアプリから操作できず、「設定」を経由しなければならない。

T×DOLBY Music Playerには「1日15分だけ音楽再生可能」な無料のLITE版もあるので、効果を試したい場合はまずLITE版を。

【高音質】T×DOLBY Music Player LITE
カテゴリ: ミュージック, ユーティリティ

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする