ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

SPIGEN SGP NEO HYBRID

iPhone5sが”新型”に変身するケース。SPIGEN SGP NEO HYBRID

iPhone5sが”4インチのiPhone4S”デザインに!

 iPhone5sを購入したら使いたいと思っていたケース「SPIGEN SGP NEO HYBRID(シュピゲン エスジーピー ネオ・ハイブリッド)」を購入した。iPhoneにピッタリ過ぎる保護ケース。裏から観れば新型のスマホに見える完成度。付けてここまで満足度の高いケースは初めてだ。

SPIGEN SGP NEO HYBRID

3GSのときはSwitchEasy 、4SのときはCaseMate、そして5sのケースにはSPIGEN SGPをチョイス。

 ネットでチラッと観て一目惚れで決めたSPIGEN SGP「NEO HYBRID」。シンプルだけど、地味過ぎず、守るところはしっかりガードなデザインがストライクゾーンど真ん中。

SPIGEN SGP NEO HYBRID

衝撃に強そうな素材とメタル調に塗装されたプラスチックの2層構造。

SPIGEN SGP NEO HYBRID

メーカーロゴも入っているけどそれほどでしゃばっていないのがいい。

NEO HYBRIDは、ある程度の柔らかさを持った素材と、メタル調に塗装されたプラスチックのバンパーの2層構造。内側のケースはそれほど硬くないのでiPhoneを取り付けるのも簡単。元のiPhoneが薄いのでこのケースを付けると一回り大きくなる感覚はあるけれど、落としても大丈夫そうな安心感も得られる。何よりもデザインの一体感が嬉しい。サテンシルバーはiPhone4Sのデザインを彷彿とさせて、”iPhone4Sのデザインを引き継いで画面が大きくなったら?”のもしものiPhone5といった感じになる。このケースを付けた重さと厚さはiPhone4Sのときの感覚に近いかもしれない(自分にはiPhone5sは薄過ぎ、軽過ぎて油断したら手から飛んでいきそうな感覚がある)。

SPIGEN SGP NEO HYBRID

カメラ周辺の段差も大き過ぎず、どこにも気を使わずに置ける安心感がプラスされる。

カッコいいケースは他にもたくさんあるけれど、電源スイッチのある面とスピーカーのある面が無防備になっていたり、ボタンが押しづらくなるものも多い。NEO HYBRIDはデザインのために保護能力も使い勝手も犠牲にしていない。ボタンのあるところはボタンをカバーするボタンが別に用意されていて、ケースを付けていてもボタンが操作しやすく、スピーカー周辺はイヤホンとLightning周辺が広めに開けられているので、イヤホンもLightningケーブルも根本までしっかり挿せるようになっている。デザインが良くて、使い勝手もよく考えられているのが素晴らしい。

SPIGEN SGP NEO HYBRID

しっかり底面をガードしつつイヤホンとLightningの周辺が広く開けられているのがありがたい。

取り付けやすく、外しやすい。デザインがカッコよくて安心感がある。今まで使ってきたiPhoneケースで一番の満足度。見つけて本当に良かった。

SPIGEN SGP NEO HYBRID

今まで使ってきたiPhone用ケースで一番の満足度。

追記:iPhone5だけじゃない。iPhone6もAndroidスマホも、SPIGEN SGPのケースはセンスいい!

iPhone5sへの機種変更をきっかけで知ったSPIGEN SGP。その後のiPhone6/6Plusも、最新Android端末のNexus6のケースを見ても余計な線の少ないスッキリスマートデザイン。これからスマホケースはSPIGEN SGPを指名買いしたい。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする