ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

audio-technica ATH-TAD500

映画にピッタリのオープンエアー型ヘッドホン ATH-TAD500

お部屋での映画鑑賞にピッタリなオープンエアー型ヘッドホン

 部屋で映画を観る用のヘッドホンが欲しくて探した結果、オーディオテクニカの「ATH-TAD500」を購入。”オープンエアー型”(ヘッドホンに種類があるなんて知らなかった)のヘッドホン。スピーカーの反対側にも音を発生するので音漏れがする設計だけど、その分耳の周りが密閉されないので蒸れにくく、長時間つけていても負担がかかりにくい。

audio-technica ATH-TAD500

オーディオテクニカのヘッドホン ATH-TAD500。Amazonや家電量販店では約5,000円ほどで売られていた。

 自分はそれほどオーディオに詳しくない。ヘッドホンが欲しくなったところで量販店にいってみて初めて種類があることを知って結構迷った。「密閉型」は音漏れしにくく低音が楽しめ、「オープンエアー型」は耳にあたるところが通気するようになっていて長時間つけていても楽だが音漏れがする。密閉型ほど低音に強くないらしい。値段も1,000円台から50,000円を超えるものまである。初めてちゃんと選ぶヘッドホンにいくらかけるべきかもわからなかったので、まずは意識して使ったことのなかったオープンエアー型で、最安値のものよりちょっと上のを、と5,000円程だったATH-TAD500を選んだ。

ピッタリフィットで満足の臨場感。iPhoneで使うときは要注意。

audio-technica ATH-TAD500

ATH-TAD500は方出しコード。ステレオプラグも同梱される。

 ATH-TAD500はインドア用途を想定したヘッドホンなので、大きさはそれなりに。重さは約275g。実際に使ってみると、頭に当たる部分が柔らかい素材でできていて、頭の大きさに丁度いい具合にフィットする(多段階で長さを調整するタイプではない)ので、重さを意識することはない。

ATH-TAD500とiPhone

iPhone5sにSPIGEN SGP ネオ・ハイブリッドを付けていると太いヘッドホンケーブルが挿さらない

 ATH-TAD500は一般的なステレオミニプラグで使用できるのだけど、iPhoneやスマホで使うときは要注意。ヘッドホンプラグの差込口を覆うタイプのケースを使っていると、根元まで挿さらない場合がある。自分の場合はiPhone5sにSPIGEN SGPのネオ・ハイブリッドを装着していたので、音が出るところまで挿さらなかった。もともとLightning端子周りまで保護できるのを気に入ってケースを付けているので外す気もなく、iPhoneで使うときには同じオーディオテクニカの延長ケーブルを間に繋げることにした。Bluetoothのオーディオレシーバーを持っていたらそちらに繋げるのも手。

audio-technica AT645L

iPhone(+ケース)用にヘッドホン延長コードを購入

早速映画鑑賞に使ってみると、「オープンエアー型は低音が弱点らしい」というのが気にならないくらいにしっかり迫力があって満足。音漏れに関しては確かにイヤホンやヘッドホンを裏返しにしたくらいにはっきりと漏れる。だけど、オープンエアー型は構造上「そもそもそういうもの」であるし、これはインドア用だ(気持ちボリュームを下げると漏れも小さくなる)。個人的にはメリットの方がはっきり大きく、サラウンドヘッドホンではなくても立体感があって嬉しくなる。お気に入りの「007 スカイフォール」で試したけれど、上海でのパトリスの要人暗殺シーンのガラスの割れる音や、広聴委員会でのMの演説シーンの「あ、広い場所で喋ってるんだな」感がちゃんと感じられて、「映画館ぽい!」と思わせてくれる。5,000円で手に入るには十分すぎる満足感が得られた。

問題は「もうちょっと出したらぐんと臨場感が増すんじゃないか・・・?」と興味を持ってしまうことだ。1万円台なら・・・(笑)。

追記:4年ぶりにATH-TADシリーズがリニューアル

追記:2015年にATH-TADシリーズがリニューアルされました。ATH-TAD500の後継モデルは「ATH-AVA500」となるようです。

「幅広い世代のお客様にもっと開放型ヘッドホンの良さをお伝えしたい」という開発者の想いから、この度「TADシリーズ」をリニューアルいたします。ホームオーディオを楽しみたい。映画やライブ映像をゆっくり楽しみたい。またPCで音源や動画の再生および制作をする方、電子ピアノなどの楽器を演奏する方におすすめ製品です。

オーディオテクニカ:ニュースリリース

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする