ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

iPhone6と6Plus

iPhone6は気になるけど6sを待とうと思う。

気にはなるけど気になるから1年待つ

 iPhone6と6Plusが発表されて、ソフトバンクなら実質無料で機種変も可能と、5sから6(6Plusに惹かれていたけど、なんだか無理して使ってる感がありそうに思えた)に機種変しようかと思ってたけど、今は保留中。多分、来年の6sは6と6Plusの解像度以外の差分が埋まるんじゃないかと予想していて、待とうかなと。

iPhone6と6Plus

Kindleを大画面で読みたい欲求はあれど・・・

無印>sでもデザインが変わってきた

 4.7インチ/5.5インチの6と6Plusの画面サイズと解像度以外の違いはカメラの光学式手ぶれ補正。6もより強力になった(ソフトウェアによる)電子式の手ぶれ補正が備わるので魅力なのだけど、やっぱり理想は使いやすいサイズの6にも光学式手ぶれ補正が付いて欲しい。それにどちらを選んでも、レンズの出っ張りはどう考えても残念だ。例えケースを付ければ解消されるとしても、裸で机に置いて傾くのはモノのデザインとして美しくない。今の技術ではフラットにできなかったのだろうけど、Appleにしては珍しくリリース時期を優先したあからさまな「妥協」だったと思っている。

4から4sになったときにはスイッチの位置が、5から5sになったときにはフラッシュの形が変わった。マイナーチェンジでも小さなデザイン変更は行われてきた。6s / 6s Plus(適当に名前付けてるけど)ではレンズをフラットにしてくるはず。そして光学式手振れ補正付きの6s Plusの厚さに収まるのであれば、6sにも光学式手振れ補正を導入してくるだろう(A9プロセッサだけではアップグレードの魅力に欠ける)。

像面位相差オートフォーカス(Focus Pixels)や、よりスローになったスローモーションは使えないけれど、動画の手ぶれ補正なら、5sでもカメラアプリの「Steady」を、タイムラプス撮影なら「Hyperlapse from Instagram」を使えばちょっとは追いつけるんじゃないだろうか。

Steady Camera – ブレ補整&スローモーション動画
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント

Hyperlapse from Instagram
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング

キャリアアグリゲーションやVoLTE、ソフトバンクなら900MHz帯プラチナバンドのLTE化と、iPhone6のハードウェアで実装されているスペックの恩恵をフルに受けるには半年はかかるような気もする。その頃には例年通り次期モデルの噂がちらほらと流れて、「夏か、秋か」と言われているはず(そして結局秋に出るのだろう)。

Apple Payに使われるNFCもサードパーティーに解放されるのはTouch IDみたいに一年後のWWDCまで待つことになるだろうし、Androidスマートフォンみたいにデジカメをかざしてすぐリンク、なんて機能はすぐには使えない。なんだかんだで「こうだったらいいな」が揃うのに1年はかかる。

個人的に大きな魅力なのがKindle本をより大きなディスプレイで読めること。でも今はKindle Paperwhiteも気になっている(Voyageも出たので買い控えもしなくて良くなった)し、Paperwhiteと同程度のdpiのFire HD6も出てそっちで読もうかなという気になってる。

来年でいいかな。土壇場でかけこみ機種変してるかもしれないけれど(笑)。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする