ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

アベンジャーズも帰ってくる!2015年の観たい映画リスト

2015年はターミネーターも!大作シリーズもまだまだ続く!

 2014年は12作品を映画館で観た。今年も月に1本以上は見て行きたい。2015年は「96時間/リベンジ」で映画初め。「インターステラー」は昨年分にカウントしたかったけど、1月は2本見に行けた。

「はて、何を観たかったんだろう」と、ど忘れすることがあるので、今年も先に私的注目作をメモしておこう。2015年はなんといっても、マーベル・コミックのヒーロー大集結映画第2弾の「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」が楽しみ。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU):フェーズ2を締めくくる作品。個人的な本命「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」に続くだけに見逃せない。

大作映画の他にも注目作がたくさん!小さな映画もきっと面白い。

 2014年はアクション大作映画が中心だったので、今年は単館系映画館でやっていそうな小さな映画も見て行きたい。以下、公開月別の気になる映画タイトルを並べておく。

1月

ドラフト・デイ(Draft Day)

 ケビン・コスナー主演。弱小アメリカンフットボールチームの再建を託されたGMがドラフト会議で頭脳戦を戦うお話。超大型新人の獲得を目指していた中、会議直前にチームの監督と意見が別れてしまう。さらにそのことをライバルチームに知られ、窮地に陥る・・・というお話。

アメフトに詳しくはないけれど(それでも「エニイ・ギブン・サンデー」は大好きな映画)、どうやってその状況を挽回するのだろうと気になる。1月30日より公開。

「ドラフト・デイ」オフィシャルWebサイト

ジョーカー・ゲーム

 柳広司「ジョーカー・ゲーム」の実写映画化。小説を読んだことがあって面白かった。第2次世界大戦の時代の日本陸軍の極秘諜報組織”D機関”の活躍の物語。原作は大人向けの渋いスパイものに感じたけど、映画はエンタメ寄り?結城中佐が伊勢谷友介というのはビンゴな予感。1月31日より公開。

「ジョーカー・ゲーム」オフィシャルWebサイト

2月

フォックスキャッチャー(Foxcatcher)

 実際に起きたオリンピックメダリスト射殺事件を描いたサスペンスドラマ。主演はスティーブ・カレル、チャニング・テイタム。「アベンジャーズ」でハルクを演じているマーク・ラファロも出演。スティーブ・カレルはコメディアンなのに予告だけでも怖い。2月14日より公開。

「フォックス・キャッチャー」オフィシャルWebサイト

ブルー・リベンジ(Blue Ruin)

 復讐心を胸に一人青いセダンを走らせる男の物語・・・。おや、もしや「ファースター」の再来か?リベンジ映画、好き。2月14日より公開。

「ブルー・リベンジ」オフィシャルWebサイト

アメリカン・スナイパー(American Sniper)

 アメリカ軍史上最強のスナイパー、クリス・カイルの自伝の映画化。良き夫、良き父である自らが、また誰かの夫であり、父である敵を撃ち続ける苦悩が描かれる。主演はブラッドリー・クーパー。また「Aチーム」やってくれないかなぁ・・・。2月21日より公開。

「アメリカン・スナイパー」オフィシャルWebサイト

5月

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦

 急速にシリアス展開になってきた「パトレイバー」実写化シリーズ。いよいよ観たかった押井守監督に描かれる「2」の続き。長編なら映画館で。カーシャ(太田莉菜)が見られるなら行くしかないじゃない。5月1日より公開。

「第7章」は実写版総集編と「首都決戦」直前のエピソードを収録。予習しておこう。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(The Avengers: Age of Ultron)

 今だ全貌が明らかにならない「アベンジャーズ」続編。前作で倒したチタウリの技術をベースにトニー(アイアンマン)がバナー(ハルク)と共同で作ったロボット軍団、ウルトロンが暴走するとか。後の「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」で、アイアンマンとキャプテン・アメリカが対立することとなる、決定的な出来事が起こるらしい。見ておかねば。7月4日より公開。

ターミネーター:新起動 / ジェニシス(Terminator Genisys)

 個人的にはクリスチャン・ベール主演の「4」は大好きだったのだけど、世間的な評価は今ひとつだったようで、「5」はリブート的作品に。それでも今度はシリーズの作品を、一つの映画でなぞりながら違う展開が見られるらしく(サラ・コナーはターミネーターの年老いたシュワちゃんに育てられた!?)、なんだかんだ楽しみ。7月公開予定。

秋~冬公開予定作品

天空の蜂

 原発上空に突然現れたヘリコプター。機内に一人の子供を乗せ、犯人は「日本国内全ての原発の破棄」を政府に要求する・・・というお話。原作未読なのでどういうオチなのか気になる。

「天空の蜂」オフィシャルWebサイト

007 スペクター(Spectre)

 「スカイフォール」で原点回帰を果たしたダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド第4作。マンガっぽさを抑えてきたモダン007。次は往年のシリーズの強敵が再び登場。ダニエル・クレイグも監督のサム・メンデスも、”古き良きあの時代の007”を復活させたい旨を前作のパンフレットのインタビューで語っていたので作風が変わるかも?11月公開予定。

”クォンタム”も忘れられてはないみたい。

2015年内公開予定

ブラックハット(Blackhat)

 男気映画の巨匠マイケル・マン監督の最新作。「ソー」のクリス・ヘムズワースを主演に迎えてハッキング組織とアメリカ、中国の捜査員との死闘を描く。予告編も面白そうなのにアメリカでは「アメリカン・スナイパー」とぶつかってしまいオープニング10位スタートの大惨敗・・・。日本はビデオスルーされたりしないか心配になってきた。公開して頂きたく!絶対見に行きますので!

 2015年はこの他、「スター・ウォーズ エピソード7 / フォースの覚醒」、「ジュラシック・ワールド(「ジュラシック・パーク」の新作。人類は懲りませんな。)、「ミッション・インポッシブル」続編が公開予定。まだまだ続くよ大作シリーズ。今年もまた映画ファンにとって楽しい一年になりそうだ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする