ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

不運なスピンオフか「ボーン・レガシー」

なんだか変?な「ジェイソン・ボーン」シリーズ新章

 ※Hulu、Netflix、Amazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスでは、コンテンツ配信スケジュール、コンテンツホルダーとの契約により、視聴可能なタイトルが変化するため、記事内で紹介しているタイトルの取り扱いが休止、配信終了となっている可能性があります。

 Huluに気になってた未見の映画「ボーン・レガシー」が追加されてたので見てみた(日テレ買収後のHuluのラインナップ強化は毎度「あ!コレも来た!」と嬉しくなる。いい感じ!)。

 「ボーン・レガシー」はマット・デイモンのスパイ映画「ジェイソン・ボーン」シリーズの4作目。 ”記憶を失った暗殺者の自分探しと贖罪の物語”として3作目の「ボーン・アルティメイタム」できれいに完結した。

しかし、スタジオ側としては儲かるシリーズだから続けたい。そこで計画される続編企画。だけど途中で監督のポール・グリーングラスが離脱して、彼が撮らないならと主役のマット・デイモンまでプロジェクトを離脱。それでも諦めないスタジオが、ならばと主人公をボーンではない別の暗殺者にして、「あのとき、別の場所では・・・」なサイドストーリーとして作ったのが「レガシー」。監督はシリーズの脚本家トニー・ギルロイが引き継いだ。

マット・デイモンは出てこないけれど、周辺の主要キャラクターは顔を見せ、タイムラインを共有し、「アルティメイタム」後の展開を提示する物語。アイデアとしては面白い。が、大人の事情で先の見えない不確定な要素を含んだせいで弱い映画になってしまっている。

主人公の戦う理由に問題有り

 「ボーン・レガシー」に登場する新たな主人公は、アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)。彼もまたジェイソン・ボーンのようにCIAに作られた暗殺者。常人を超える戦闘能力と知力を有するが、それを維持するために、緑と青の錠剤を定期的に服用し続けなければならない。アーロンは手元の薬を無くしてしまい、薬を手に入れるために連絡員のいる山小屋目指して雪山を走っていた。

 その頃、内部調査局のパメラ・ランディ(ジョアン・アレン)によって、ボーンを産んだ暗殺者養成プロジェクト”トレッドストーン / ブラックブライアー”計画を告発されようとしていたCIAは、別の極秘プロジェクト”アウトカム”(エドワード・ノートンがプロジェクトリーダー役)にも調査の手が及ぶのを恐れ、プロジェクトを停止、薬によって強化された工作員を次々に暗殺し、計画の隠蔽を図る。アーロンも山小屋にいたところをミサイルで攻撃されるが回避、死を偽装しアメリカへと戻る。

 アウトカム計画に関与していた製薬会社の関係者も命を狙われ、唯一の生存者マルタ(レイチェル・ワイズ)は、自宅を訪れたCIA工作員(正体がわかるまでのやりとりが長すぎる)に襲われるが、駆けつけたアーロンに救われる。

と、テキストでストーリーを説明すると長くなるのだけど、問題はその後。

薬を無くして飲めていないジェレミー・レナーはレイチェル・ワイズに「薬はどこだ!」と必死に問い詰める。緑の錠剤(身体能力をブーストする)は実は、彼の知らない間に同じ効果を発揮する”活性ウイルス”が投与され、飲む必要がなくなっていることが明かされる。青の錠剤(知力をブーストする)は、アメリカにはなくフィリピンにあるのだと告げられる。このシーンは字幕だとこんな感じのやりとりがされるのだけど、

「活性ウイルスを打たれてるからグリーンの薬はもう飲まなくていいよ」

「ブルーの薬はどこにあるの!」

「フィリピンに(ジェレミーここでがっくり)」

「ブルーの薬も活性ウイルスを打たれたら飲まなくていいの?」

「理論的にはそうよ」

「接種して!フィリピンに行くよ!」

ん?活性ウイルスって打たれてるんじゃないの?それにフィリピンにあるのはウイルスじゃなくて薬の方でしょ?話聞いてるの?

フィリピンに着いた2人の居場所を突き詰めたCIAの人間のやりとりも変。

「なぜフィリピンに?」

「薬は製造を停止してるのに・・・」

「薬剤がある」

「ウイルスを打つ気だ!(は?(威圧)

そこにあるのは薬なのかウイルスなのか(なんだかんだ別の活性ウイルスだった)。

このシーンはさほど大きな問題ではない。本当の問題は主人公にCIAと戦う理由がないこと。最初からずっと「薬飲まなきゃ!」がモチベーションになっている。どうも軍に入隊したときにIQをごまかしていて、それを薬で知能指数を上げていたから、薬をやめるとバカに戻ってしまうのが怖いらしい。うーん・・・知らんがな!

エドワード・ノートン演じる上司と考え方の対立があったことは示唆されるけど、ボーンみたいに恋人を殺された、とか(ミサイルで命を狙われたことがあったとは言え)明確な反抗の理由も意志もハッキリと見えない。レイチェル・ワイズを失えば、薬を手に入れられなくなるから守っているだけにも見えかねない。それにそもそも薬を飲むことだけで強化されちゃう、という設定も近未来SFっぽさが出ちゃってリアル路線の過去作からちょっとはみ出てる印象が拭えない(突然の「リミットレス」)。

ジェレミー・レナーのアクションシーンはカッコいい。「ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル」の格闘シーンが少なくて物足りなかった人は満足できる。だけど、それもヘンテコなシーンが一つと、オチに問題がある。

中盤、マルタの家で、アーロンがマルタに時計を渡し、「何秒後かに音を出して敵を引きつけて」と告げ、自分は壁に隠れる。音がして敵が階段を登ってきたところをタイミングを合わせて壁を撃ってやっつけるのだけど、やめてよその”地味な生活感”!「ラスト・アサシン」の毒入りワインをみんなに飲ませちゃった!「96時間レクイエム」の娘に下剤を飲ませてトイレで再開、みたいな!頭良すぎてバカになっちゃったパターンだコレ!

ラスト、CIAが送り込んできた”トレッドストーン””アウトカム”を超えた”ラークス”プロジェクト(ドラゴンボールかな?)の暗殺者に2人が追われるのだけど、最強の暗殺者2人が対峙・・・それはもう格闘シーンを期待しちゃうってもの。がしかし、2人は拳を交えることなくバイクで追いかけっこ。挙句の果てにヒロインにバイクを蹴られて派手に吹っ飛んで死ぬ。ファァッッッック!「アイアンマン3」で見たそんなの!

その後、計画を告発したパメラが窮地に陥るところが描かれるのだけど、”トレッドストーン”とアーロンは関係がない(予告は嘘字幕!)ために単体の映画として見ると、不要なシーンとなってしまっている。本来ならば、エンディングでアーロンに「ジェイソン・ボーンを探し出す」って言わせたかったのだろうし、言わせてたらシリーズの一部足る作品になっていた。大人の事情(当時はポール・グリーングラスとマット・デイモンが将来、シリーズに復帰する可能性はあれど確定はしていなかった)が邪魔をしたのは不運としかいいようがない。

「ボーン・レガシー」の光っているところ

 それでも「おお!」と思えたシーンはあった。フィリピンのチェイスシーンはボーンっぽさがあったし、それまでのモヤモヤを一瞬忘れられる。好きなシーンは2つ。

  • マルタの家の地下室から出てきたアーロンが、屋根に上って窓から再侵入するところをカメラが追っていくところ
  • フィリピンの住宅街で警官に挟まれたマルタ、彼女を追っていたアーロンが屋根から降りてくるのをカメラが一緒に落ちてくるところ

カメラが役者と一緒に浮いたり落ちたりするのは見ていて気持ちがいい。

過去作を見ていないとポカーン、見ていてもモヤモヤ。スタジオがじっとしていられなかったがために、誰も幸せになってないような・・・。レイチェル・ワイズ成分が足りなくなったら見るかな。

スポンサーリンク
この記事をシェアする