ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

次のiPhoneは6sか6s Plusか…迷いに迷う。

ポケッタブル優先か高性能カメラを取るか…

 初回ロット付近は様子見、と思いつつソフトバンクのサイトで料金シミュレーションをしてみたら、64GBモデルを選べば今払っている月額料金からほぼ変化なし。(新規受付が停止しているホワイトプランも継続利用ならまだ選択できる)毎年iPhoneが発表されても「まだ分割が残ってるからなー」とタイミングが合わないのもアレなので、ここで9月10月できりのいい機種変時期にしちゃおうかという気分になっている。

各キャリアの料金シミュレーションページ

iPhone 6s 64GBスペースグレイをオンラインで注文しよう。と気分が高まったのだけど、直前でiPhone 6s Plusが急に魅力的に見えてきた。

動画撮影時の光学手ぶれ補正の効果が凄いiPhone 6s Plus

 iPhone 6 / 6 Plus登場時は6 Plusにのみ光学式手ぶれ補正が付いていて、それは静止画の撮影のみに機能するものだった。「動画に効かないなら小さい方でもいいよね」と思っていたのだけど、sになると動画にも有効になるようになった。海外ユーザーが光学式手ぶれ補正無しの6sと光学式手ぶれ補正有りの6s Plusを使った動画撮影の比較映像をYouTubeにアップしているのだけど…。

参考リンク(ドイツ語サイト):GIGA APPLE – iPhone 6s im Test: Alles ist besser, nichts ist anders

 こうして並べて見せられるとiPhone 6がちょっと前のCMOSに切り替わったばかりのコンパクトデジカメで撮られた映像に見えてしまう。6s Plusの方は動画機能が強化されたデジカメのそれと肩を並べているように見える。

AppStoreにあるビデオ撮影アプリの中には(MovieProのような)ホワイトバランスや露出をロックできるものもあるから、それと組み合わせれば(VFXを必要としない内容ならば)iPhoneだけで本格的な映画も作れそうだ。

MoviePro : Video Recorder with Limitless options
カテゴリ: 写真/ビデオ

6s Plusは”曲がりやすい”と言われていた弱点も克服

 カメラの手ぶれ補正を意識しなければ(サンプルを見てしまってはもう無理!・笑)、コンパクトな6sに即決できる。ホームボタンを2回タッチすれば画面の上半分が下がって手が届くようになっているとはいえ、スマートだとは思えないし、片手で操作しようとすればホームボタンを押そうとするとバランスが不安定になる。だけどKindle本を良く読むなら6s Plusの大画面はとても魅力的。ぼんやり「タブレットも欲しいな」と思っているならPlusを選べば不要になる(Plusがあるならタブレットは7インチや8インチではなく10インチを選んで新書や小説はiPhone 6s Plusで、タブレットはカラーの雑誌や参考書にとはっきりと用途をわけられる。小説を読むのに大画面タブレットはなんだか違和感がある)。

小ささと機能性のいい勝負。”曲がりやすい”と言われていたPlusもsではしっかり対策をしてきた。大の大人が2人がかりで力を入れてやっと曲がるくらい。

落下テストも液晶面が直接地面に落ちなければダメージは同程度のようだ。ヒビが入るときはどちらも入る(ヒビの入り方はPlusの方が激しいように見える)。保護フィルムやガラスフィルムで少しは強化できるだろうか。

本当に欲しいのは5インチiPhone

 4.7インチの6sでいいかと店頭でiPhone 5sと並べてみるとそんなに大きくなった気がしない。隣の5.5インチ6s Plusは手に余るけどサンプルのiBooksを開けば「本をじっくり読む気になれる」画面の大きさ、カメラを起動してみても画面が大きいのは気持ちがいい。だけど…やっぱりその大きさはあまりに大げさだ。別の考え方をしてみると、手に余る大きさなのだからポケットよりも鞄に入れている時間が増えるはず。そうなれば片時も離さず、といった使い方にならないだろう。スマホ依存気味の生活が改善されるかもしれない(ほう、なるほどそこでApple Watchが欲しくなってきちゃうのか・笑)。

 iPhone 6s / 6s Plusが正式に発表される直前に、「iPhone 6sはフルHD・5インチ液晶になる」という噂があった。そうなって欲しかった。自分が欲しいのは4.7インチと5.5インチの間を埋める5インチのiPhoneだ。今からそのサイズを期待しても可能性があるのは来年秋。それまで待てないしなぁ…。予約画面を開いては閉じ開いては閉じ。どっちがいいかなぁ…。

Plusにしたらカラビナ付きポーチを買おうか。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする