ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

恐る恐る消しゴムでiPhoneの背面をこすってみる

スマホに付いちゃったケースのゴム跡、消せるかも。

iPhone 6sに機種変しようと5sに付けてるケースを外したら…

 毎年恒例の秋のAppleイベントで予想通りにiPhone 6s/6s Plusが発表された。6登場時に気になっていたレンズの出っ張りが解消されなかったり、相変わらずiSightカメラの光学式手ぶれ補正は6s Plusにのみ、というのは残念だけれど、Apple Watch、MacBookのForce Touchを飛び越えて進化した3D Touchの搭載は機種変したくなるのに十分なアップデートだ。カメラの高画質化ももちろん魅力的。

iPhone 5sの2年縛りがそろそろ終わりそうだから6sに機種変するときはまた買い取りに出そうかと思っている(SoftBankの「機種変更下取りプログラム」の割引総額よりも高く買い取ってくれるお店は探せばある)。

5sを手に入れてからほとんどケースを付けっぱなし。今度も買取上限金額を狙えるかなー、と状態の確認にケースを外してみたら…えっ!?

お気に入りのSPIGEN NEO HYBRIDケースの内部カバーの跡が!

 長い間iPhone 5sにSPIGENのNEO HYBRID(ネオ・ハイブリッド)ケースを付けていたのだけど(iPhone 4Sっぽいシンプルな見た目になる)、外してみるとiPhoneの背面にゴム跡(?)のような模様が。NEO HYBRIDケースの内部カバーのバスケットボールに似たパターンの模様が転写されたみたいになっていた。

iPhone 5s用のNEO HYBRIDケースを購入したときの記事

iPhone5sが”新型”に変身するケース。SPIGEN SGP NEO HYBRID

SPIGENのガッチリガードが頼もしいNEO HYBRIDケース

SPIGENのガッチリガードが頼もしいNEO HYBRIDケース

背面にバスケットボールのような模様が付いたiPhone 5s

iPhone 5sの背面にバスケットボールの様な模様が…。

充電しながらゲームをしたり、iPhoneが熱を持つ状態が続くこともあったせいもあるのだろうけど、これでは買取金額に響きそうだ。ただ、触ってみた感じ、表面はサラサラなままで、何かがこびりついているわけでもない。ということは、消しゴムで消えるかも?

ケースのゴム跡、消しゴムで消せるかも…

もしや消しゴムで…?

恐る恐る消しゴムでiPhoneの背面をこすってみる

恐る恐る消しゴムでiPhoneの背面をこすってみると…

消しゴムで背面が削れても、もうゴム跡が付いてしまっては後悔も小さかろう。恐る恐るそーっと消しゴムでこすってみると、消える!きれいに消える!傷一つなく背面が新品状態に戻せる!諦めてこのままお店に持って行かなくてよかった。きれいな状態で持っていける。

消しゴムでバスケットボールの模様が消えた

試しに右半分を消しゴムでこすってみたらきれいになった!

 SPIGEN以外のメーカーでも、凹凸のあるシリコンやゴム素材の耐衝撃ケースでは同じようなことがあるかもしれない。そんなときは諦めずに消しゴムを使ってみるといいかも(いきなり力を入れるのではなく、小さく、そーっと試してみるのがおすすめ。くれぐれも自己責任でお願いします)。

ケースとの間に背面用の保護フィルムをかませるのもいいかもしれないけれど、ケースのサイズがぴったり過ぎると難しいかもしれない。

ゴム跡以外は傷ひとつなし!次のケースもSPIGENにする予定。

 ゴム跡が付いてしまうのは意外だったけれど、それ以外はiPhone 5sの背面もエッジの金属部分も傷ひとつない状態を保てているのでSPIGENのケースに信頼感を抱いてる。6sにしてもまずはSPIGENのケースを見てみたい(6s/6用のNEO HYBRIDケースのサテン・シルバーとメタル・スレートがいい感じ!)。

MySoftBankで残債を確認したら後4回5sの本体代の支払いが残ってるのでいつ機種変しようかと考えているところ(初期ロットの本体で問題が見つかることが少なくないのもあって2ヶ月くらい様子見したいのもある)。もう少しだけNEO HYBRIDケースのお世話になろう。

キャン・ドゥに売ってたiPhone 5s用ブルーライトカットフィルム

あとしばらくの繋ぎに100円ショップに売っていたブルーライトカットフィルムを貼ってみた。

キャン・ドゥのブルーライトカットフィルム

キャン・ドゥで売ってたブルーライトカットフィルムは黄色や青みがかったりしていないのがいい感じ。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする