ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

Compute Stickとnasne

スティックPCでもnasneは見られる?意外なところに落とし穴

Atom Z3735Fでもnasneは見られる!?

 意外と使えるスティックPC(Intel Compute Stick)。フルHD動画もMicrosoft Edgeを使う限りは快適だ。

となると、もう少し欲張りたくなる。Chromecastでも、Miracastアダプタでも見られらなかった、nasne(ナスネ)に録り貯めたテレビ番組はスティックPCで見られるのだろうか。

Compute Stickとnasne

もう一仕事頼みたいのだよ…。

Windows向けにDTCP-IP対応DLNAクライアントアプリは複数出ているから、PCでnasneは再生できるはず。しかしスティックPCのCPUは性能がアップしたとは言え、Atom。処理能力は問題になってきそうではある…。

体験版を試用してスティックPCでも快適なnasneクライアントを探す

 そこで、目を付けた3つのDTCP-IP対応DLNAクライアントアプリにそれぞれ体験版があったので、Compute Stickにインストールして試してみた。

ソニー純正nasneクライアント「PC TV with nasne」

 nasneをPCから、と考えたときに真っ先に思い浮かぶのがソニー純正の「PC TV with nasne」。元はソニー製PC(現VAIO)VAIO向けに提供されていた「VAIO TV with nasne」というアプリだったのが、後にVAIO以外の他社製PCでも動作するようになった。

ソニー:PC TV with nasne

動作環境をチェックしてみると、CPUはCore2 Duo 2.0GHz以上で推奨はCore i3以上となっている。注意書きに目をやるとしっかり「※インテル(R) Atom™ およびAMDなどの互換CPUは、動作保証およびサポート対象外となります。 体験版を使用した動作確認をおすすめします。」と記載されている。動いても、動かなくても、文句は言えないということだ。

PC TV with nasneスタート画面

放送中の番組、録画番組、録画予約ランキングが一つの画面で見られるのが便利だけど、表示されるまでかなり時間がかかる

ダメもとで体験版をインストールしてみたところ、動くには動くけど、快適とは言えない。

PC TV with nasne録画番組リスト

番組名が最後まで表示されるのが便利。番組の書き出し機能も備わる

ユーザーインターフェースからして独自のデザインがなされていて、その描画だけでも負荷がかかっていそうで、録画番組のリスト取得、現在放送中の番組リストの取得、録画予約ランキングの取得にかなり時間がかかる(せっかちな人はフリーズしたと思うだろう)。番組の再生自体は可能で、再生されてしまえば、再生中の一時停止や、全画面表示の切り替えなどの操作を行った時のそれが機能するまでの時間はまぁまぁ許容範囲内。しかし、その他の操作の待ち時間ははっきり言ってストレスだ。

PC TV with nasne再生画面

番組再生画面はスピーカーボリューム右上のアイコンをクリックすると、全画面表示に切り替わる。

さすがに純正クライアントだけあって、番組表も統合されているし、ブルーレイディスクへの書き出しもできたりと多機能なのはとても魅力的で、十分快適に動くならPC TV with nasne一択だ。しかしAtom Z3735Fには荷が重すぎた。Cherry Trail版スティックPCでも厳しいかもしれない。

シンプルでわかりやすいUIとサクサク動作が魅力!「sMedio TV Suite」

 次に試したのは「sMedio TV Suite」。sMedioは上海に開発拠点を置くメーカーとのこと。XP時代に使っていたWin DVDの最新版も今ではsMedioがライセンスを取得して販売している。

sMedio:sMedio TV Suite for Windows

sMedio TV Suiteは製品版、体験版ともWindowsストアからインストールできる。sMedioのサイトから体験版をダウンロードしようとしても、Windowsストアに転送されるのだけど、注意が一つあって、TV Suiteをインストールする前に、「ダビング設定ユーティリティ」を別途インストールする必要がある。TV Suiteだけをインストールしてもアプリが機能しない(Windowsストアにダビング設定ユーティリティーはないのでsMedioのサイトを見に行く必要がある)。

sMedio TV Suiteスタート画面

sMedio TV Suiteは機能が再生のみに特化している分、見た目もすっきりしていて戸惑うことがない。

アプリを使えるようにするまでひと手間かかるsMedio TV Suiteだけど、PC TV with nasneと比べるとぐっと快適にnasneの動画を視聴できる。それもそのはず、sMedio TV Suiteの動作環境はAtom Z3735G 1.33GHz 以上、GPUもIntel HD Graphics以上で、スティックPCでもほぼほぼスペックを満たしているのだ。録画番組再生中にタスクマネージャーを見てみるとCPU利用率は50%前後。画質もよく、コマ落ちも見られない。これはいい。

sMedio TV Suiteブラウズ画面

sMedio TV Suiteの番組リストも番組タイトルが折り返し表示され、内容が把握しやすい。

sMedio TV Suite再生画面

もともと全画面アプリだったWindowsストア提供アプリなので、もちろんフルスクリーンで再生できる

ユーザーインターフェースはシンプルそのもの。PC TV with nasneは多機能ゆえ、アイコンを見ても「どんな機能を呼び出すものなのか」が今一つわかりづらいのだけど、TV Suiteだったら誰が使っても戸惑うことはないだろう。その分番組録画予約機能や、見終わった動画の削除機能などは用意されていないので、その操作はWebのCHAN-TORUやスマホのTV side view、torne mobileなどから行う必要がある。

ワイヤレスメディアプレーヤーの老舗が作るDLNAクライアント「StationTV Link」

 3番目に試したのがピクセラの「StationTV Link」。ピクセラは以前からnasneに似たワイヤレスTVプレーヤー/レコーダーを開発しているノウハウのあるメーカー。StationTV LinkはMac向けにも用意されている。

ピクセラ:StationTV Link

StationTV Linkも製品版、体験版ともWindowsストアからインストール可能。こちらはアプリ単体のインストールで機能する。

StationTV LinkもsMedio TV Suite同様、UIの反応が良くサクサク使えて気持ちがいい。StationTV Linkの動作環境もAtom Z3740以降でほぼスペックを満たしている。

StationTV Linkスタート画面

sMedio TV Suiteに比べ黒基調のUIとなっているStationTV Link。個人的にはこちらの見た目の方が好み。

StationTV Link再生画面

StationTV Linkの再生画面。操作アイコンが大きめなのも好み。

ただ、難点が一つだけあって、録画番組リストの取得に時間がかかり、「昨日録画した番組を見よう」と思ったときにすぐに目的の番組がリストアップされるとは限らない。ジャンル別か番組名の五十音順か、「録画日時ではない」順番でデータを見に行くようで、複数回に分けてリストの追加が行われる。ユーザーインターフェースはTV Suiteよりダークな色使いで個人的にはこちらが好みなのだけど、リストアップのアルゴリズムがストレスに感じる。

補足:HDMIセレクターの仕様に要注意!

 上記3つのアプリはいずれもnasneの番組視聴ができたのだけど、実はすんなりと再生できたわけではなかった。初めはどのアプリもnasneの番組が再生できず、できたとしても数秒か数分後に「お使いのモニタではコンテンツを出力できません」といった旨のアラートが表示され、再生が停止されてしまった。

PC TV with nasneアラート画面

PC TV with nasneのアラート画面

StationTV Linkのアラート画面

StationTV Linkのアラート画面

始めは「Windows 10が出たばかりだしOSが原因か…?(それでも今更8.1に戻す気はないし諦めようか)」、「GPUのドライバが原因か?」とIntelのドライバの再インストールを何回か試したり、「(ブルーレイプレーヤーもPS3も使えてたけどもしかして)モニターがHDCP非対応なのか?」とモニタのスペックを確認したり(対応してた)、あーでもないこーでもないと3時間経っても状況は改善されない。

確認のためにPC TV with nasneのページの動作環境を見直していると、こんな注意書きが。

※HDCP対応ディスプレイであっても、コンピューターとディスプレイの間にAVアンプや切替器、ポートリプリケータ(HDCP規格非対応の機器)を接続している場合は、映像を出力できないことがあります。

ムムッ。

Compute Stickはモニタに繋げた、上海問屋のHDMIセレクターに接続されている。このHDMIセレクターにはこれまでPS3やパイオニアのブルーレイプレーヤーMiracastアダプタChromecastを繋げてきて、いずれもそれらは正常に機能していた。

しかし、このHDMIセレクターの本体にも、パッケージにも、商品ページにも、「HDCP」の文字は記載がない。「もしかして…」とHDMIセレクターからCompute Stickを外し、モニターのHDMIに直接接続したところ、さっきまで調子が悪かったのが嘘のように何事もなく視聴できるようになった。

DN-10721

お前かー!

PC TV with nasne、sMedio TV Suite、StationTV Linkの商品ページ(Windowsストアの画面)のコメント欄で「見られない」「再生できない」というコメントも多くあるけれど、アプリが正常に動作しない場合は、HDMIセレクターを使用しているなら、それを外してみるといいかもしれない。

スティックPCでもnasneは利用できる!PCはやっぱり万能メディアプレーヤー

 結論としてAtom Z3735F搭載のスティックPCでも、nasneに録画した番組は快適に視聴することができる。使いたいソフトの理想の順番はPC TV with nasne>StationTV Link>sMedio TV Suiteとなるけど、順番に、「Atomじゃ非力」>「UIも使用感も満足だけど番組リストアップが遅い」>「UIはちょっと寂しいけれど何をするにもサクサク快適」となり、現実的に使いたいソフトの1番は「sMedio TV Suite」となる。TV Suiteを購入した。

スティックPCならnasneも見られる(「Twitterでツッコミを入れながらテレビを見る」のもスティックPCなら簡単だ)。となると、HuluもNetflixも、Amazonプライムビデオも、iTunes Storeの映画もGoogle Playムービーも、ニコニコ動画も、見たい動画のほとんどはスティックPCで再生できてしまう。Chromecastじゃ(今のところは)Amazon(PC版Chromeのタブで再生してキャストするという手もあるが)とiTunesの映画が再生できず、nasneの動画はキャストできない。Fire TVだとGoogle PlayムービーとiTunesの映画が再生できない。HDMIメディアプレーヤーはシビル・ウォーの真っ最中。Windows PCそのものであるスティックPCなら派閥争いから抜け出せる。キーボードとマウスをテレビの横に置くのはスマートじゃないかもしれないけれど、結局見たい映画を検索するのにキーボードは最高だ。なんだかんだPCが最強のメディアプレーヤーなのだ。

うーん、いいぞ、スティックPC。いい。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする