ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」パンフレット

ヒーローが逃れられないもの。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

「BvS」が捨ててはいけなかったもの

 TOHOシネマズ日本橋で「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を見てきた。前作「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の監督作ということもあって全く心配していなかったけど、その期待は裏切られること無く充実した気持ちで映画館を出ることができた。いやはや、本当にMCUの安定感は凄い。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

TOHOシネマズ日本橋にて「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を鑑賞

 これまでのアベンジャーズの活躍により、世界は幾度も危機から救われてきたが、その一方で戦闘の巻き添えになり犠牲となった人々も多く、アベンジャーズは国連の管理下に置かれ、国連の支持によって出動するという「ソコヴィア協定」への署名を迫られる。ウルトロンを生み出してしまったトニー・スターク(アイアンマン)は自責の念と、仲間を世間の恐れから守るため協定に賛同するが、組織への不信感を拭えずにいるスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)は「自らの責任に置いて行動していく」ことを主張する。そんな中、協定に関する議論が行われる会場でテロ事件が発生、現場の監視カメラには逃亡中のウィンター・ソルジャー(スティーブの幼なじみのバッキー)が写っていた。バッキーの無実を信じ彼の逃亡を助けるキャプテン・アメリカと、チーム存続のため彼らの身柄を確保しようとするアイアンマン。アベンジャーズのメンバーが立場を二分して仲間同士の対決が近づいていく…というお話。

 一足先に同じくヒーロー同士の対立を描いた、DC/ワーナー陣営の「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」も、ヒーローの活躍の影で巻き添えとなった人々の犠牲の責任を追求されるシーンがあるけれど、シビル・ウォーではそのテーマを最後まで投げ捨てること無くしっかりと保ち続けてくれる、ビジュアルは重厚だし、音楽も最高だけど、観客の想像に頼りすぎた「BvS」に足りなかったもの。たとえ答えが出せなくとも、簡単に投げ捨ててはいけないし、逃げるべきではなかった。(「シビル・ウォー」と「BvS」のどちらを繰り返して見たいか、となると自分は「BvS」だから悔しい。)

それにシビル・ウォーは冒頭にこそ前作「ウィンター・ソルジャー」で生き残ったラムロウ(クロスボーンズ)が登場するものの、強大なヴィランが出てこないのも(意外だったが)いい。

長らくキャストに名を連ねながら姿を伏せられてきたダニエル・ブリュールの役柄は、原作だといかにもコミックの、といった風貌でどんな風に実写化されるのか楽しみだったけれど、これがある意味肩透かしであり、だからこそ「シビル・ウォー」をこれまでのMCU作品の中でも特別に深い作品にしてくれる存在だった。こちらが思い浮かべるような陣営に所属しているのではなく、大それた野心があるのでもない。動機はアベンジャーズの活躍してきた場所にいた、誰もが抱き得るもの。仲間のために冷静な判断をしてきたトニーも最後に真実を知ることで、両親を殺された息子として、家族を殺された父と立場を同じにしてしまう。キャプテン・アメリカはその時に言葉が出てこない。ありそうで無かった”ヴィランのいないヒーロー映画”。それを絵の明るさを保った映画でやられるのだから恐ろしい。

 新登場キャラクターのスパイダーマン、ブラックパンサーもチラ見せどころではない大活躍でこれからの単独映画がとても楽しみ。

 ほとんど不満の無い映画だったけれど、気になるのがフューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が全く登場しないこと。これだけの状況下でアベンジャーズメンバーの誰のサポートもしない(ように見えてしまう)というのは不自然に感じてしまうし、せめて会話の中で名前だけでも出てきたら、よりスッキリできたのにと思わずにいられない。「エイジ・オブ・ウルトロン」のラストのシーンでもいまだ公的には失踪中だったのだろうか?それとも「エージェント・オブ・シールド」で「一方その頃…」が描かれているのだろうか(日本ももう少しタイムラグが縮まればいいのだけど)。

後は「軍人は人の言うことに耳を貸さない」という描かれ方もなんだかテンプレートみたいで、そろそろ変化させてくれたらな、とも思う(ロスはハルクに失態を助けられたことがあるのだから)。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」パンフレット

パンフレットはビジュアルもインタビューもなかなかボリュームがあって楽しんで読める。しかし何故かスパイダーマンに関しては一切触れられず…。むむむ。

これだけの数のキャラクターを、バランスよく登場させながらちゃんと腑に落ちるストーリーにまとめられてるのはほんとに見事。危機の自作自演、仲間割れと(ストーリー的に)足踏み状態の続くMCUだけど、この先も安心して期待させてくれそうだ(この後の「アベンジャーズ」2作とも「ウィンター・ソルジャー」「シビル・ウォー」のルッソ兄弟が監督する予定)。

スポンサーリンク
この記事をシェアする