ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

FILCO KeyPuller FKP01 使い方

キーボードのキートップを簡単・安全に引き抜ける!FILCO KeyPuller FKP01

キーボードの底を掃除したいときの便利グッズ

 キーボードの掃除用に除電ブラシやエアダスターを使ったりするけれど、それでもキートップの底に落ちてしまったゴミを除去するのは難しい。できることならキートップを全部引き抜いてエアダスターで汚れを吹き飛ばしてしまいたいところ。

CD-BR14でキーボードを掃除

除電ブラシでもキーボードをきれいにできるけれど、底に入り込んでしまったホコリまでは除去できない。

というわけで、Amazonでダイヤテックのキーボード引き抜き工具「FILCO KeyPuller FKP01」を購入してみた。“キーボードの製造現場で生まれたプロ仕様の”、“傷付きを防止”と頼もしい言葉に惹かれてのチョイス。値段も500円程度と手頃(他の家電量販店でも同程度の価格で売られている模様)なのが嬉しい。

FILCO KeyPuller FKP01

シンプルなデザインのキートップ引き抜き工具「FILCO KeyPuller FKP01」

持ち手に針金の輪っか(台形)が2つ重ね合わせになったデザイン。使い方はキートップを挟むようにワイヤー滑り込ませて、45度回転させ対角線の二つの角に引っ掛けるだけ。後はそーっと上に引き上げていくとキートップが外れる。

FILCO KeyPuller FKP01 使い方

使い方は簡単。キートップの隙間にワイヤーを入れ、

FILCO KeyPuller FKP01 使い方

キートップの2つの角に引っかかるように回転させる。

FILCO KeyPuller FKP01 使い方

少しずつ力を入れて引っ張りあげるとキートップが外れる。

注意する点はKeyPuller FKP01は「メカニカルキーボード」と「メンブレンキーボード」専用ということ。ノートパソコンやパンタグラフ式のキーボードには使えないので、事前に自分のキーボードがどのタイプなのか確認しておこう。

BUFFALO:お客様サポート – キーボードの構造の違いについて

Office Lens

キーの配列を忘れないよう、キーボード掃除の前に写真を撮っておこう。

スポンサーリンク
この記事をシェアする