ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

QCY QY19

Bluetoothイヤホンのお試しに最適!QCY QY19

安かろう悪かろうじゃない!しっかり品質の高コスパBluetoothイヤホン

イヤホンジャックはもう帰ってこない。iPhoneの機種変に備えてBluetoothイヤホンを試す

 正直に言えば根拠はそれほど強くはないのだけど、Bluetoothに対してあまりいいイメージを持っていない。あちこちの通販サイトのレビューで他人の感想とはいえ、「遅延」、「音飛び」といった言葉は気になるし、音飛びに関しては、過去に所有していたレシーバーでも経験したことがある。それになにより充電が面倒だ。が、有線も確かに邪魔だ。部屋の中でイヤホンをして聞いていて、ちょっと移動するだけでもスマホを片手に持たなければならないのはスマートではない。

 iPhone7からイヤホンジャックが無くなった。Appleのことだ、来年新機種が出たところでもう帰ってくることはないだろう。だからといってそれを理由にiPhoneの使用をやめる気もなく、来年iPhone(「7s」なのか10周年記念の「8」なのか…)を機種変するつもりでいる。何か新しい無線技術が?と期待されていたAirPodsはBluetooth。人気の高級音楽機器ブランドもBluetooth対応製品を増やし始めた。開発者曰く「Bluetoothも良くなったからだ」。そうなのか。有線の煩わしさにもうんざりし始めていたところだ。Bluetoothイヤホン、試してみようか。

Grodzinskiy氏 Klipschでは2月に発売した「R6 Bluetooth」まで、長くBlueotooth対応のイヤホンをラインアップしてきませんでした。その理由はBluetoothを使うと音質が劣化してしまうからです。私たちとしては、音質を犠牲にすることは絶対に避けたかった。そのため有線のモデルに注力してきました。

 しかしBluetooth 4.0の登場によりクオリティが上がり、ワイヤードとワイヤレスの音質差はなくなりました。同等のクオリティが出せるようになったので、Bluetoothモデルのラインアップを強化しました。

クリプシュがBluetooth採用に踏み切ったシンプルな理由–有線も無線も“高音質” – CNET Japan

とはいえ、いきなり高価なAirPodsを買って失敗したら怖いので、まずは試しに予算3,000円で探してみることにした。するとワイヤレスイヤホンのその価格帯には馴染みのある国内メーカーの名は無く、聞き慣れないメーカーばかりが並ぶ。高評価の商品を見てもメーカーのイメージが全く掴めない(自分は音楽機器の海外ブランドに関する知識はゼロといっていいほど無い)。

ならば、と「みんなが良いと言ってる商品」を選ぶことにした。購入したのはQCYの「QY19」(Amazonのメーカー直営店から購入・購入時はセール価格で2,599円だった)。ベストセラー商品QY8の後継モデルとのこと。確かにQY8はレビューの数も抜きん出ていて評価も高い。その商品の改善版であれば大ハズレを引くことはないだろう。

QCY QY19

QCYのBluetoothイヤホン QY19。メーカーロゴのデザインも好みだ。

 メーカーのサイトを見てみると、QCY(会社名はQuality、Creative、Youの略らしい)は中国に拠点を置く企業で、2003年に設立、サムスンとモトローラと協力しながらBluetooth機器の開発を続けているとのこと。製品情報は日本語ページが用意されていて、アピールポイントやスペックを詳しく知ることができる。自社の製品を構成する部品の生産国やメーカー名、チップの名前まで公開しているのに好感を持った。

QCY公式サイト

サイトにはOEM/ODMに関するページがあり、Amazonに並ぶ似たデザインの他社ブランドのイヤホンのOEM元はここなのかもしれない。どうせならバッヂ違いの商品よりオリジナルを選びたい。日本語にも力を入れていることから、サポートにも期待できそうに思える。「中国製だから安かろう悪かろう」はAnkerやファーウェイを見れば分かるようにとっくに過去の話だ。ちなみに海外の無線機器を購入する際に気になる「技適」は認証済みだ。

付属品の充実したパッケージ。日本語のわかりやすい説明書も付いてくる。

 Amazonプライムで注文の翌日にパッケージが届いた。厚紙の簡素な箱だけど、シルバーのメーカーロゴやアイコンが小さく印刷されていて、さり気なくおしゃれ。

QCY QY19 外箱

厚紙のシンプルなデザインの外箱

QCY QY19 外箱

控えめなサイズのアイコンが印刷されていてなかなかおしゃれ。

 内容物はイヤホン本体、充電用MicroUSBケーブル、耳の大きさに合わせて交換できるイヤーピースとイヤーフック、コードスライダー、説明書。説明書は日本語表記で、自動翻訳じゃない、丁寧な文章なのが嬉しい。ペアリングから電話の応答、初期化の方法などがわかりやすく記載されている。

QCY QY19 同梱物

QY19の同梱物。複数サイズのイヤーピースとイヤーフックが備わる。出荷時の状態でフィットしなければ交換してみよう。

説明書には「困ったときはここに連絡」といった問い合わせ先の記載はないのだが、外箱の底に貼られているシールにメールアドレスが書かれている。何かあればメールか、Amazonの「出品者に連絡」でコンタクトが取れるだろう。

QCY QY19 説明書

説明書は日本語。文章に不自然さは見られない。

QCY QY19とiPhone 6s

QY19とiPhone 6sを並べたところ。イヤホンのコードの長さは約60cm。

QY19のスペックのうち、Bluetoothとバッテリーに関する部分は以下の通り。

Bluetooth

通信方式Bluetooth 4.1
チップセットCSR8645
出力Power Class 2
最大通信距離見通し 約10m
周波数帯域2.4GHz
対応プロファイルHFP / HSP / A2DP / AVRCP / aptX
対応コーデックSBC / AAC / aptX / LDAC
ノイズリダクションCVC 6.0

 QY19(を含むBluetoothイヤホンにある)の売りの一つに「aptX対応で高音質」という謳い文句があるのだけど、これはAndroidやWindowsなどが対応しており、残念ながらiPhoneは対応しておらず、関係の無い話。その代わり、iPhoneも対応するAACも対応コーデックに含まれているため、「iPhoneで(特別な機器を介さず)可能な限りの高品質の音を楽しめる」とは言える。

日経トレンディネット:細かすぎるBluetoothイヤホンの選び方 iPhone 6との相性抜群、同時接続でiPadも使いやすく – 音質を左右するコーデックは「AAC」と「apt-X」に注目

ノイズリダクションのCVCは電話を使った際に声を聞き取りやすくするためのもので、ソニーやBoseなどの「ノイズキャンセリング」とは意味が異なるものだ。

内蔵バッテリー

容量74mAh
充電時間1~2時間
連続再生時間4時間以上
連続通話時間5時間以上
待ち受け時間155時間以上

 充電はmicroUSBケーブルを使って行う。QY19はイヤホン部分にもコントローラー部分にもマイクを備えていないため、通話時はiPhone本体のマイクを利用する。

QCY QY19 リモコン-microUSBポート

QY19の充電はリモコンにあるmicroUSBポートを使って行う。

 Bluetooth関連機器については個人的に「充電ポートの蓋の有無」を気にしているのだけど(充電を繰り返すうちに蓋の繋ぎ目が劣化して取れてしまうのならば、スライド式にするか、初めから無くていいと思っている)、QY19の充電ポートはコントローラーにあり、蓋が付いているタイプ。繋ぎ目は直接コントローラーと繋がっておらず穴を通して浮いているため、よくあるタイプと比べれば長持ちしそうか。この製品はランニング時などの利用を想定した防水機能(IP64:粉塵が内部に侵入しない/飛沫に対する保護)も売りにしているため、塩分を含んだ汗が充電ポートに接触するのを防ぐのに必要なのだろう。

違和感なく音楽を楽しめる。1,000円台の有線イヤホンからのスイッチにおすすめ

 iPhone 6s(Bluetooth 4.2対応)とWindows10のパソコン(第1世代Intel Compute Stick:Bluetooth 4.0対応)でペアリングして音楽を聴いてみたところ、特に低音に寄ったり高音に寄ったりといった感じはなく、何の違和感もなく音楽を楽しめた。音が鳴っていないときの雑音は気になるほどではなく(よく耳を済ませれば聴こえるが周囲の音の方が断然大きい、というレベル)、音楽再生時にノイズが目立って乗った感じも無い。「1,000円台の定番イヤホン」も使ったことがあるけれど、印象はほぼ同じ「悪目立ちのするところがないバランスのいい音」。

iOS10 Bluetooth設定画面

iOS10のBluetooth設定画面。「QCY-QY19」と表示される。

Windows10 Bluetooth設定画面

Windows10のBluetooth設定画面。こちらも同じく「QCY-QY19」と表示される。

「ペアリング」と「音楽を聴く」ときのコントローラーの操作方法

電源を入れる / 切る中央ボタン長押し
(電源ON時「本製品をご利用いただき、ありがとうございます。」と音声が流れる)
ペアリングモード中央ボタンを5秒長押し
(「ペアリングモードになっています」と音声が流れ、接続先デバイスでQY19を選択すると、「1台目のデバイスに接続しました。」と音声が流れる)
初期化(工場出荷時に戻す)充電状態で中央ボタンをLEDランプが赤・青に点滅するまで長押し
次の曲に進む+ボタン長押し
前の曲に戻る-ボタン長押し

その他「電話を受ける」「着信拒否」「リダイヤル」「ボイスコントロール(Siri起動)」などの操作方法が説明書に記載されています。

音の聴こえ方はiOSの場合「ミュージック」の「イコライザ(いつまでも「ミュージック」アプリ内からアクセスできず「設定」を開かなければならないのは解せないのだが…)」や、Boom for iOSのようなサラウンドアプリも使えるので、iPhone側である程度自分の好みに寄らせることができる。

iOS10のイコライザとBoom for iOS

iOS10の「ミュージック」イコライザ(左)とBoom for iOS(右)

関連記事:iOS9対応の3Dサラウンド音楽アプリ Boom for iOS

音飛びに関しては全く起きないこともないのだけど、頻繁というには少な過ぎる。iPhoneでは(ドアなどの大きな遮蔽物がない限り)ほぼ安定して使える。Windows10では音楽を聞きながら画像を開いたりすると、OSのBluetooth設定が反応しなくなり、再起動しないと直らない、ということがあったが、おそらくこれはPC側に原因があるように思われる(初期のスティックPCはWi-FiとBluetoothがアンテナを共有していたりと設計段階で弱点がある。BIOSで本体内蔵のBluetoothを切って別途USBのレシーバーを使うと改善されるかもしれない)。

両方のデバイスでペアリングした状態で、片方のデバイスで音楽を聴いているときに接続が途切れたりすることが稀にあった。そのときはもう片方のBluetoothを切るか、QY19の登録を任意で解除すると直る(コントローラの中央ボタン長押しするだけなので再ペアリングは難しい作業ではない)。

価格と音には満足。最後に気になるのは「コード」?

QCY QY19とJVC HA-FX12

QY19と他社製イヤホンを並べたところ。QY19は一回り大きく、イヤーフックのあるイヤホンを使ったのも初めてだったけれど、予想していたより違和感はなく、装着感もすぐに慣れた。

 オーディオマニアではない自分には3,000円のワイヤレスイヤホンに音の不満は無い。部屋の中でiPhoneを持ち歩かずとも音楽を楽しめるのはやっぱり快適だ。バッテリーのもちも、イヤホン本体の小ささから見て満足すべきか。1,000円台の有線イヤホンからのステップアップにはピッタリの商品だ。

QY19のカラーラインナップには今回購入した「ブラック」の他に「ブルー」「ホワイト」「グリーン」があります。リンク先の商品ページから選択可能です。

唯一の、そして最大の不満は、この製品に限ったものではないことで、「コードが服にこすれる音が大きい」点だ。首の前にぶら下げればガサガサと大きな音がし、首の後ろにぶら下げればファンファンと風を切る音がする。外を歩くときはこのコードが鳴らす音が悪目立ちし、音楽の音を上げるほど気にならなくなっていくが、今度は人とぶつかったりする危険が上がっていく(自分はNo music,No lifeな人ではなく外で歩きながら音楽を聴くことはほとんどないので、試してみて余計に気になった)。家の中と、帰省のときの新幹線の中で使うのには文句なしだ。

デバイスとイヤホンが分離してもまだ「快適」にはあと一歩遠い。ラスボスはまだいるのだ。なるほど、AirPodsのような完全セパレート型のイヤホンが出て来るわけだ。もうセパレート型が欲しくなっている(笑)。QCYにもセパレートタイプのイヤホン「Q29」がある(公式サイトには情報がなく、Amazonと楽天のショップに掲載されている)。価格はぐんと上がるがAirPodsよりは安価だろう。次はそれにしようか。

スポンサーリンク
この記事をシェアする