ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

西武秩父仲見世通り

西武秩父駅で買った「秩父おなめ」がご飯に合い過ぎて困る!

秩父で売ってるご飯にぴったりなおかず味噌

 7月の猛暑の日に埼玉県の西武秩父駅で買ってきたままにしていた、お土産の「秩父おなめ」を開けて食べたら凄くおいしかった。秩父おなめとは、大豆と麦を主原料に醸造したものに切り刻んだ茄子と生姜を混ぜたもの。これがご飯にとっても合う。これだけでご飯が進んじゃう。

秩父おなめ

購入したのは230g入り。一人暮らしで短期間で使い切れそうなちょうどいい量。

味噌なのでそれなりに味は濃いのだけど、塩辛過ぎず、甘過ぎず。おかずにドンピシャな味。味噌の中に隠れている茄子と生姜の歯ざわりが嬉しい。シンプルだけどそれがいい。「いいじゃないか」と心の中で呟いてしまう。

秩父おなめ

初めて食べたときは、なんかもうこれだけでいいやって思っちゃうほど。

「炭水化物を控えれば痩せる」なんて記事を目にしては、「ほう、試してみようか」という気になるけども、こんなの出てきたら降参。全面降伏。罪な味噌。

たまたま実家の親がテレビで秩父おなめが紹介されているところを見て、「食べてみたい」というので買いに行った(メーカーの通販サイトはメンテナンス中で見られなかった)のだけど、Amazonにあった。片道2時間かけて気温37度の日に行かなくてもよかったんじゃん!

Amazonでも買えるけど、秩父まで買いに行くのも楽しい。

 とはいえ、実際に西武秩父駅に行くと、駅を降りたところから仲見世通りがのびていてテンションが上がる。夏休みのお出かけにおすすめなところだ。車窓から田舎の景色が見えるの、いい。

西武鉄道:西武秩父仲見世通り

西武秩父駅

秩父の雰囲気はどこか故郷の石川県ぽい。ホッとする。

西武秩父仲見世通り

駅を出るとそのまま仲見世通り。テンション上がる。

新井武平商店

秩父おなめが売ってる新井武平商店。ここでお土産を買った。

仲見世通りには飲食店も並んでいて、レストランやラーメン屋、蕎麦屋、カフェがあった。中央にはビアガーデンも。

お食事処 仲見世

お食事処 仲見世。ここは名物の「わらじかつ」が一押し。

休憩に入ったレストランの「仲見世」でご利益のありそうな「開運ミックス丼」を食べたけど、これもおいしかった。味噌漬けの豚肉と柔らかいトンカツのセット。おまけで付いてきたおみくじは「大吉」。ニンマリ。漬物に秩父の名物の一つである「しゃくしな漬」も付いてきてこれもまたおいしい。多分うまいものしか出てこないのだここは。

開運ミックス丼

開運ミックス丼。どう見てもうまいやつである。

SETARIA

エスプレッソとジェラートのお店「SETARIA」。オシャレなお店も並んでる。

仲見世を歩いていて目についたのがアニメとのコラボ。秩父は「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」の舞台。「あの花」はテレビで一挙放送があったときにnasneに撮り貯めたのだけど、ハードディスクの容量を使い切りそうになったときになくなく見ないまま消してしまった。見てみようかな。

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」

秩父はアニメ「あの花」の舞台だったみたいでコラボメニューや展示エリアがあった。

東京からだと結構時間がかかる。その日は昼過ぎに出たからお土産を買ってすぐに帰ったのだけど、今度は朝から訪れたい。駅前からバスも走っているし、もっと足を伸ばしてみたい。

西武秩父駅前

こういう景色を見たのも久しぶり。ぶらぶらと歩きたくなる場所。

スポンサーリンク
この記事をシェアする