ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

使い捨ての囚人の脱出劇。「月に囚われた男」

切なくも優しい、悲しい男の脱出劇。

 「ミッション:8ミニッツ」が面白かった、ダンカン・ジョーンズ監督の長編映画デビュー作。予告を観て「なんだか暗いお話っぽいなー」と思っていたのだけど、そんなことはない。切ないけれど、ささやかな爽やかさが残る映画だった。

ストーリー

 近未来。地球のエネルギーは月面の鉱物資源によって供給されるようになった。資源を採掘する企業に務めるサムは、3年契約でただ一人作業員として月面の採掘基地で暮らしている。そして契約満了が近づいたある日、彼は作業中に事故を起こす。基地の医務室で目を覚ましたサムは、そこでもう一人の自分と遭遇する・・・。

”「ミッション:8ミニッツ」のオリジナル”

君を守るのが僕の仕事だ

 冒頭は感情の無さそうに見えたケビン・スペイシー声のAIも、文字通り”与えられた命令に忠実”だったのがちょっと新鮮。いつか何処かで観たことのある、いつもお笑い担当だった人。なサム・ロックウェルが面白いだけの人じゃないんだというのも発見。セリフを発しなくても内心をこちらに読ませてくれるのが嬉しい。

観ていて「ブレードランナー」や「ガタカ」を思い出して、「ミッション:8ミニッツ」が形を変えた「月に囚われた男」だったのだと後で気付いた。繰り返して描かれたのは、”使い捨ての囚人の脱出劇”だったのだ。悲劇を置いて去っていくのではなく、逆転ホームランと言うほどでもない、小さな反抗の成功を置いてくれる。ダンカン・ジョーンズって優しい人なんだなぁ。

月に囚われた男 (字幕版)

月に囚われた男 (日本語吹替版)

スポンサーリンク
この記事をシェアする