ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

ティファール スチームアイロン バーチュオ20

入門機でもちゃんとティファール!スチームアイロン ヴァーチュオ20

2019年6月18日

無印良品スチームアイロンからの乗り換えにぴったり!まるで後継機。

 無印良品の強力スチームアイロン A-MJS12のかけ面が劣化してきたので、スチームアイロンを新調することにした。使っていたアイロンが長持ちしていたので「次も無印で」と思っていたのだが、現在では無印良品でスチームアイロンは販売されていない(2019年6月現在)。A-MJS12は三洋電機のOEM製品だったのだが、三洋電機も今はもうないため後継機を選ぶことはできなかった。

無印良品 スチームアイロン A-MJS12

気に入っていた無印良品のスチームアイロン A-MJS12。製造は三洋電機でかなり長持ちした。

 そこで今回選んだのはティファール(T-fal)のスチームアイロン ヴァーチュオ20(型番は「FV1320」)。ティファールのスチームアイロンのラインナップの中で最もローエンドに位置する製品で、価格も3,000円台と手を出しやすい。

ティファール スチームアイロン ヴァーチュオ20

ティファールのスチームアイロン ヴァーチュオ20。ラインナップ上はエントリーモデルのコンフォートグライド2690の下に位置する同ブランドの入門機。

ティファール スチームアイロン ヴァーチュオ20 セット内容

同梱品は説明書のみ。シンプル!

入門機でもスチームたっぷり!ちゃんとティファール。

 ティファールのアイロンといえば、特殊セラミックでできたかけ面が他メーカーの製品とのデザイン上の違いにもなっているのだが、ヴァーチュオ20はそれらとは異なり、他メーカーのローエンド製品と同じくふっ素樹脂加工となる。見た目にもあまり違いはない。しかし、かけ面の仕様を除けば、ジェットスチーム(スチームの噴射機能)、アイロンを立てた状態でスチームを噴射できるバーチカルスチームといった機能は共通している。

ティファール スチームアイロン ヴァーチュオ20 かけ面

ヴァーチュオ20のかけ面はセラミックではなく、フッ素樹脂となるがちゃんと滑る。

A-MJS12には霧吹きに使えるスプレー機能が搭載されていて、シャツのシワを伸ばしたいときに便利だったのだが、メーカーによってはローエンド機種ではスプレー機能が省かれているものもあった。ヴァーチュオ20にはスプレー機能があり、決め手の一つになった。

ティファール スチームアイロン ヴァーチュオ20 スプレーボタン

ジェットスチームボタンの隣にスプレーボタンが並ぶ

ティファール スチームアイロン ヴァーチュオ20 温度調整ダイヤル

温度調整ダイヤルは衣類に付いているタグのマークに合わせるだけなので簡単。

ヴァーチュオ20は機能はもちろん、温度調整ダイヤルやスチーム噴射ボタン、スプレーボタンの配置、そしてタンクの容量も注水口の位置までA-MJS12とほぼ同じ(A-MJS12は水を入れるタンクが本体から外すことができたがヴァーチュオ20はタンク一体型となっている)。製造メーカーは変わるがまるで後継機だ。購入時の価格はヴァーチュオ20の方が安価だったが、噴射できるスチームの量と勢いはヴァーチュオ20の方がはっきりと上で満足度も高い。エントリーモデルでもちゃんとティファール。いい買い物ができた。

ティファール スチームアイロン ヴァーチュオ20 注水口

タンクは本体一体型なので別途注ぎ口の付いた軽量カップを用意した方が安全。

 なるべく安く、安心感のあるメーカーで、スチームとスプレーの付いたアイロンを探している人におすすめ。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする