ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

2014年モデルのAmazon FireタブレットはUSBもHDMI出力も!気になる魅力仕様

あったらいいな、がある!新しいAmazon Fireタブレット

※本記事は2014年登場のFire OS 4”Sangria”世代のFireタブレットについてのものです。2015年発売のFireOS 5”Bellini”世代のFireタブレット「Fire HD 8」、「Fire HD10」は改めてMiracast対応、Wi-Fiもデュアルバンド、5GHz対応、新たにmicroSDカードにも対応となりました。記事中のHDMIアダプタは2015年モデルのFireタブレットには対応していません。

 発売前の新しいAmazonのFire HD6タブレットが気になっている。Fire HDX7を使っていたときは電車の中で取り出すには大げさな感じがして、もっぱら自宅でのみ使っていた。6インチならひょっとして自分でもそんなに気にならない「自然な大きさ」なんじゃないか(厚さと重量以外はKindle Paperwhiteと同等だ)。

発表当初は「小さいのはいいけどMiracast無くなっちゃったのかー」なんてネガティブな印象もあったのだけど、その代わりにUSBがスリムポートに対応していてHDMI出力が可能だとわかって安心。
そして、いつの間にかAmazon純正の外部拡張機器が登場していてびっくり。まさかのUSBホスト機能まで搭載されているなんて!Kindle Fire HDX7を使っていたときに感じていた「あったらいいな」が結構揃ってる!(Fire HDX7を使っていたときの記事はこちら

有線でミラーリング可能に!デジカメ写真も取り込みやすくなった!

Fire HDXでは動かなかったUSB

あのとき動かなかったこの使い方ができるように!

 Amazonに登録されている純正の周辺機器で、Fire HD6を買うときに一緒に買いたいアイテムは「HDMIアダプタ」と「USBアダプタ」。

 Fire HD6のUSBがスリムポート対応とはいえ、「でもバッテリーは?」と心配になるところだけど、HDMIアダプタにはちゃんと充電用のUSBスロットが用意されていて、給電しながら使えるようになっている(こうでなければバッテリーが気になってHuluでドラマ一気見とかできない)。

 サプライズなのがUSBアダプタで、これを繋げるとハードディスクやカードリーダーなどUSB2.0対応の周辺機器が使用可能になるとのこと。デジカメで撮影した写真をすぐに取り込んだりできて面白くなりそう。これまでのKindle FireにはUSBホスト機能がなかったので、無線LAN対応のSDカードや無線対応のUSBリーダーを使わなければならなかった。USBアダプタには給電用のUSBスロットが用意されていないのが残念(8時時間ぶっ通しでアダプタ繋げて使うようなことはないのだけど)。

対応端末とキーボード、マウス、カメラカードリーダー、フラッシュドライブ、ゲームコントローラーを繋げて対応端末をより活用することができます。

使い方は簡単。お持ちのとUSB 2.0互換性のあるアクセサリと対応端末を繋げてお使いください。ソフトウェアドライバのダウンロードは必要ありません。

欲しいけど、ネックは無線の仕様とバッテリー

 HDMI出力とUSBホスト機能でググっと惹かれているのだけど、Fire HDX7から比べると、無線のスペックがデュアルバンドからシングルバンドへ、おそらく2.4GHzのみの対応にダウンしているのと、読書時のバッテリー持続時間が17時間から8時間へ半減している点がまた気になる(輝度を落としても伸びないのだろうか?)。

HD6は読書用に欲しいと思っているので、無線は目を瞑れるとしても、バッテリーはもうちょっともって欲しかった。端末が小さくなれば積めるバッテリーも小さくなるのでトレードオフになるのは仕方のないところではあるけれど・・・。それでも「6インチ」は他にライバルがいない。

追記:PC参考書を電子書籍に置き換えるなら10インチがいい

 文庫、新書を読むなら6インチがピッタリ。だけど1ページごとが画像になって収録されることの多いPC参考書を読むなら10インチクラスの大きさのタブレットを選びたい。

 Fire HDX7を手放した理由の一つも、PC参考書を見開きで閲覧するには文字が小さくなり過ぎたことだった。見開きでなく1ページのみの表示ならまだ読みやすくなるけれど、HTMLやjQueryの参考書のように複数ページに渡ってプログラムソースが掲載されているものだと、やはり辛い。

 2015年に新たに登場した、Fire HD10タブレットの10インチの大画面は1280×800解像度のため価格も抑えられ手が出しやすい。さらに2016年のFire OSのアップデートで待望のSDカードへのKindle書籍の保存が可能になり、持ち出せる本の数がぐっと増え魅力が増した。

しかし、他社のAndroidタブレットへ目を向けるとLenovoのYOGA Tablet3の10インチ、2016年発売の中国HuaweiのMediaPad T2 10.0 Proも値段が安く、MediaPad T2に至っては1920×1200ドットのディスプレイを備えながら2万円台前半とFire HDよりも安く、電子書籍を読むときの満足度で上回る。以前のFireタブレットにあった、「他社のタブレットより安く、機能はちょっと上」というコンセプトが10インチタブレットの市場では逆転してしまった。Google Playが使えてアプリも充実していることを考えると、10インチ以上のタブレットを購入するならYOGA Tablet、MediaPadの方が楽しみが多いかもしれない。

SDカードへのKindle本の保存を選ぶか、解像度を選ぶか。悩ましい…。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする