ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

Cleverline Cable Organaizer XL - 使用例

テレビ用ヘッドホンをスマートに使える!Cable Organizer XL

TV用ヘッドホンの長いコードをスマートに短くできる!

続・TV用ヘッドホンの長過ぎるコードを短くしたい!

 NetflixやAmazonプライム・ビデオで映画を観るときに愛用しているオーディオテクニカのオープンエアー型ヘッドホン ATH-TAD500。このモデルはテレビ用として企画されているためか、ヘッドホン本体に直付されているコードが3mと非常に長い。テレビに比べ画面に近づいて使うPCモニタやスマホ、タブレットに繋げて使おうとすると、2mほど持て余してしまう。

過去記事:映画にピッタリのオープンエアー型ヘッドホン ATH-TAD500

オーディオテクニカ ATH-TAD500

オーディオテクニカのオープンエアー型ヘッドホン
ATH-TAD500。テレビ視聴用の商品なのでコードの長さが3mもある。

以前に余ったコードをまとめるグッズを調べてケーブルクリップを使って落ち着いていたのだが(TV用ヘッドホンの長いコードをまとめたい! Bluelounge CableClips)、それで短くできたのは1mほど、あともう少し短くできればベストなのだが…と思っていたところ、ちょうどいいコードリールを見つけたので購入してみた。

blueLounge CableClips

blueLounge CableClipsのミディアムサイズで落ち着いてはいたが、より短く、見た目をシンプルにしたかった。

太いコードもスマートに隠せる!フックにもかけられるドーナツ型コードリール

 Cleverline Cable Organaizer XL(クレバーライン ケーブルオーガナイザーXL)は、直径約12cm、高さ40mm、重さ60gの大きめのコードリール。Cleverline(オランダのブランド)はイヤホンやデスクトップのUSB機器向けのコードリールであるCable Turtleシリーズ(S、M、Lサイズがある)もリリースしており、Cable Organaizer XLはCable TurtleのLサイズと同等の収納量(0.75平方ミリメートルのコードを5m収納可)を誇る。電源コードなど太めのコードに向いた商品で、Cable Turtle Lとの違いは、中心に穴が空いていること。フックなどにかけて飾ることができるようになっている。

Cleverline Cable Organaizer XL

Cleverline Cable Organaizer XL。購入したのはブラック。カラーバリエーションは他にサンド、レッド、ホワイトがある。

使い方はいたって簡単で、2枚合わせになっている合成ゴムを反転させ、中央の円柱にコードを巻き付け、ゴムを戻すだけ。

Cleverline Cable Organaizer XL - パッケージ裏

パッケージの裏に使い方の図が描かれている。いたって簡単。

Cleverline Cable Organaizer XL

使い方は合成ゴム部分を反転させて戻すだけ。

Cleverline Cable Organaizer XL

ATH-TAD500のコードは太めなのだが、かなりの長さを巻きつけられる。

この合成ゴムは硬めで、指を引っ掛けるところが無いのだが(Cable Turtleだと、指を引っ掛けるためのくぼみがある)、中央を持ってグッと握ると隙間ができる。ゴムのエッジ部分は面取りがされていないため、コードに食い込みそうに見えるのだが、ヘッドホンのコードをまとめて挟んだまま数日後に見てみたところ、特に跡が付いたりはしなかった。

Cleverline Cable Organaizer XL

合成ゴム部分は結構硬めではあるがコードに跡が付いたりすることは無かった(心配な場合は挟んだ後に念のため確認を)。

ATH-TAD500のコードをCable Organizer XLでまとめてみると、2m程度収納でき、スマホを繋げるにも使いやすい長さにすることができた(収納量はまだ余裕がある)。CableClipsもラージサイズを使えば同程度にできるかもしれないが、Cable Organaizer XLの方がコードを隠せる分、見た目にもシンプルになる。

Cleverline Cable Organaizer XL - 使用例

PCモニタに繋ぐのにちょうどいい1mほどに短縮できた。見た目にも非常にシンプルにまとまった。

Cleverline Cable Organaizer XL - 使用例

ATH-TAD500はヘッドホン端子が太く、ケースを付けたiPhoneには挿せないため、iPhoneで音楽を聴くときは30cmの延長コードを繋げている。

TV用ヘッドホンはもちろん、コンセントに近い位置にある家電の電源ケーブルを隠したい、しばらく使わないUSBケーブルなどをホコリから守りたいとき(大きい分すっぽり隠せる)にCable Organizer XLはぴったり。1,000円以上するので高く感じるかもしれないが、スマートにコードを隠せる商品はあまりない。デザインを優先する方におすすめしたい。

オーディオメーカーの方にくれぐれもお願いしたい。テレビ向けヘッドホンを開発されるときは本体直付けコード90cm+2mの延長コードのセット販売にして欲しい。利用シーンはユーザーそれぞれなのだから(開放型で耳を覆うヘッドホンを購入しやすい価格帯で探すとテレビ用に行き着くのです…)。

Cleverline Cable Organizer XLはサンド(ベージュ)、ブラック、レッド、ホワイトの4つのカラーバリエーションがあります。

フックにかけることが無い場合はCable TurtleのLサイズ(Giant)もおすすめです。収納量は同等でCableOrganaizer XLより直径が小さくなります(直径12cm>9cm)。こちらはブルー、レッド、オレンジ、グレー、ブラックのカラーバリエーションがあります。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする