ジユウメモメモ

TK-FDM105MBK

シンプルデザインの省スペース無線キーボード ELECOM TK-FDM105MBK

メインにもサブにもピッタリな”無印良品的”ワイヤレスキーボード&マウス

 自宅にあるPCが増えたので、キーボードとマウスを新しく購入した。

関連記事:「スティックPCの次」のベストバイ。小型デスクトップPC CHUWI HeroBox

 選んだのはエレコムの無線キーボードとマウスのセット「TK-FDM105MBK」。キーボードは使い慣れた日本語配列、テンキーレスの省スペース仕様。マウスは2ボタンとマウスホイールの付いたベーシックなタイプ。

ELECOM TK-FDM105MBKの外箱
無線キーボードとマウスのセット商品 ELECOM TK-FDM105MBK
ELECOM TK-FDM105MBKの外箱
TK-FDM105MBKのキーボードはキーの印字が消えにくいレーザー刻印が採用されている。

省スペースキーボードは同じく無線キーボードのロジクールのMK245nも愛用中。今回TK-FDM105MBKを選んだのは、引き続き省スペースタイプにしたかったのと、メカニカルキーボードに興味が出てきて、欲しいタイプに似た形だったこと。

メカニカルキーボードを選ぼうとしたら「青軸」「赤軸」「茶軸」…と専門用語が並ぶ。価格も高いので違いをしっかりわかった上で購入したい。

ELECOM TK-FDM105MBKのパッケージ内容
パッケージ内容はキーボード本体、マウス、レシーバー、電池、説明書。

TK-FDM105MBKのいいところの一つはコスパ。家電量販店でも2,000円前後で売られている。キーボードもマウスも落ち着いたデザインなのも好印象。質感もマットでいい。光沢があると安っぽさが目立つがそういうこともない。

ELECOM TK-FDM105MBKの電池とレシーバー
TK-FDM105MBKは電池が同梱されているのですぐに使い始められる。レシーバーはキーボード裏に収納可能。

TK-FDM105MBKのキーボードはメンブレン方式を採用していて、キーピッチは19mmとしっかりした高さがある。ある程度使い続ければ慣れるが、ノートPCやキーピッチの低いキーボードからの移行だと使い始めは違和感があるかもしれない(同じようなキーピッチのメカニカルキーボードをお店で試すとそれほど打ちにくさを感じないのが不思議…)。

TK-FDM105MBKのキーボード
TK-FDM105MBKのキーボード。キーピッチは19mmで薄型キーボードから移行すると慣れが必要かもしれない。
TK-FDM105MBKのキーボード
TK-FDM105MBKのキーボードは角度調整スタンドも備わる。
Logicool MK245nとの比較
Logicool MK245nのキーボードとの比較。TK-FDM105MBKのキーボードはDeleteや矢印キーが独立して右側に並んでいる。

同梱のマウスは2ボタンとマウスホイールのみのシンプルなもので、クリック感は軽すぎず重すぎず、いたって快適。

TK-FDM105MBKのマウス
TK-FDM105MBKのマウスは左右対称デザインのベーシックなもの。

 TK-FDM105MBKはとにかくキーボードもマウスも「普通」だ。デザインも無印良品的。テンキーが不要ならばメインで使ってもあまり不満は感じないだろう。サブに持っておいてもテンキー分コンパクトなので邪魔になることもない。

在宅勤務やテレワーク中にキーボードやマウスが壊れる可能性はある。自宅に一つしかキーボードがないのなら、予備のキーボードとマウスを置いておくと安心だ。TK-FDM105MBKはワイヤレスでもBlutoothではないのでパソコンのBIOS操作も可能だ。2,000円で保険がかけられるなら安い。

TK-FDM105MBK
TK-FDM105MBKはメインにもサブにもおすすめ

エレコムの無線キーボード&マウスセットにはキーストローク2.5mmの薄型キーボードのセット「TK-FDM109MBK」もあります。