ジユウメモメモ

SpigenのケースとNimasoのガラスフィルムの組み合わせ

相性バッチリ!Spigen+NimasoでiPhone 11をガッチリガード!

2,000円ちょっとでiPhone 11をガッチリガード!おすすめガラスフィルム&カバーセット

 iPhone 6sからiPhone 11に機種変更を済ませたので、iPhone 11用の液晶保護フィルムと本体ケースカバーを新調した。ケースはここしばらく指名買いしているSpigen(シュピゲン)のものを、液晶保護フィルムはもちろんガラスフィルム。メーカーはNimasoを使ってみることに。

SpigenのケースとNimasoのガラスフィルムの組み合わせ

iPhone 11の保護にはSpigenのケースとNimasoのガラスフィルムの組み合わせがピッタリ!

高コスパの2枚組も!ガイド枠付きで失敗なしで貼れるNimaso iPhone 11用全面保護フィルム

 近年はiPhone用ガラスフィルムにiPhoneに被せて使う貼り付けガイド枠を同梱するメーカーが増えている。今回購入したNimasoもその一つ。

NimasoのiPhone 11 / iPhone XR用ガラスフィルム

NimasoのiPhone 11 / XR用ガラスフィルム。黒フチのあるフルカバータイプ。

「Nimaso iPhone 11 / iPhone XR 用 全面保護フィルム 強化ガラス」は黒フチ有りの、iPhoneの縁まで広く保護してくれるタイプ。黒フチがないタイプに比べ、ケースカバーを付けた際の隙間が小さくなる。厚さ0.26mm、硬度9H、ラウンドエッジ加工、指紋・汚れ防止、飛散防止など他の商品に見劣りするところはない。

Nimasoガラスフィルムのセット内容

セット内容はガラスフィルム、ガイド枠、ウェットペーパー、クリーニングクロス、ゴミ取り用シール、日本語説明書。

メーカーによってはFace IDのノッチ部分が切り欠きになっている商品もあるが、見た目にシンプルでないので個人的にはNG。Nimasoの場合はFace IDのノッチ部分もスピーカー部分を除いて全面カバー。センサーにガラスが被ることになるが特に動作に支障はない。

今回初めてガイド枠を利用してみたが、使い方は説明書いらずで簡単。ガイド枠にiPhoneを嵌めて、ノッチのある上部にガラスフィルムを合わせてゆっくり下ろすだけ。気泡ができても指で抑えて押し出せばきれいに貼れてしまう。ラウンドエッジ加工がされていて、黒フチがある分、iPhoneとの一体感がある見た目に仕上がる。

Nimasoガラスフィルムのガイド枠

ガイド枠は硬めの樹脂製だが、iPhone 11のアルミフレームに傷が付くことはなかった。

Nimasoガラスフィルム

ガラスフィルムは必ずiPhone 11のノッチ側から貼ること。

「Nimaso iPhone 11 / iPhone XR 用 全面保護フィルム 強化ガラス」は1枚組のほか、2枚組、3枚組のセット商品があり、2枚組、3枚組を選んでも1,000円ちょっとと手頃な価格。iPhone 6sを使っていたときに貼っていたガラスフィルム(Nimasoではなかったが)が長持ちしたので「うまく貼れてしまえば問題なく長く使えるだろう」と今回は1枚組を選んだ。iPhoneを地面に落とすことが多い人や、家族が同じタイミングでiPhone 11 / XRに機種変更した、という場合は複数枚セットを選ぶといいいだろう。

安心感とシンプルさのバランスで選ぶならコレ!Spigen LIQUID AIR for iPhone 11

 iPhoneのケースカバーを選ぶ時に重視するのはシンプルであること、機能的であること、指紋が目立ちにくいこと。そしてLightningコネクタ周囲までしっかりガードしてくれること。その点でSpigenのケースカバーは毎回必ずこの条件を満たしてくれるデザインの商品がいくつもラインナップされている。

 今回選んだ「LIQUID AIR(リキッド・エアー) for iPhone 11」も、その4つの条件を全て満たす。ソフトTPU素材を用いたケースカバーで、適度に柔軟性があり、取り外しがしやすい。

Spigen LIQUID AIR for iPhone 11

Spigen LIQUID AIR for iPhone 11

Spigen LIQUID AIR for iPhone 11

落ち着きのあるマット・ブラックの非光沢仕様なのが嬉しい。細かいプリズムパターンの刻印も上品。

ケース内側にはクモの巣状の衝撃吸収加工、4つの角にエアクッションを採用し、米軍MIL規格を取得した耐衝撃重視の仕様。

iPhone 11の背面カメラ部分の周囲はフチを高く設計しているため、カメラレンズを傷から防ぐのと同時に、カメラレンズが他のものに接触して傷を与えるのを防いでくれる(iPhone 11シリーズの飛び出た背面カメラのレンズは硬いサファイアガラスでできているため、他のスマートフォンを重ねてしまうと傷を付けてしまう。外周リングと面一にしておけばと思うのだが…)。

Spigen LIQUID AIR for iPhone 11

iPhone 11の背面カメラの周囲はフチが少しだけ高めに設計されている。

Spigen LIQUID AIR for iPhone 11

Lightningコネクタの周囲までしっかりガードしてくれる。

安心感のある適度な厚みがあり、ワイヤレスのQi充電を妨げることもない。そして何よりマット・ブラックのサラサラとした触り心地が嬉しい。長時間握っていても指紋は目立ちにくく、細かいプリズムパターンの模様も落ち着いたデザインでいい。

SpigenのケースとNimasoのガラスフィルムの組み合わせ

Nimasoのガラスフィルムとの組み合わせでは隙間が小さくジャストフィット。

先程のNimasoのガラスフィルムがフルカバータイプなので「もしかしたらケースカバーと干渉するかも…」と心配していたが、ガラスフィルムとケースカバーの隙間は干渉しないギリギリの狭さ。Spigen LIQUID AIR for iPhone 11とは相性バッチリ。

iPhone 11にとにかく傷を付けたくない人、主張しすぎないデザインのケースカバーを探している人におすすめのセットだ。

タグ: