ジユウメモメモ

気になるガジェットや映画のはなしをメモメモ

f.lux Windows版

f.luxでWindowsにもブルーライト削減機能を追加しよう

フリーソフトでWindowsにも”Night Shift”を。

 iOS9.3の新機能”Night Shift”でiPhoneにブルーライト削減機能が追加された。夜になると自動的にディスプレイが暖色系の色味になり、体内時計を狂わせる青色光の影響を軽減できるようになった(Night Shiftはコントロールセンターからいつでも利用でき、有効時間も任意のスケジュールに設定可能)。

iOS 9.3 - Night Shift

Night ShiftでPCメガネの必要なくiPhoneのブルーライトを削減できるようになった。

夜中にスケジュールを確認したり、目覚ましを設定するのにiPhoneを起こしても「うおっまぶし!」となることが無くなってより快適に使えるようになった。

そういえば似たような機能のフリーソフトがあったな、と「f.lux」をWindowsパソコンにインストールしてみた。

時間に合わせてディスプレイの色温度を自動調整してくれるフリーソフト

 f.luxは日没から日の出までの時間に合わせて色温度を自動で調整し、ブルーライトをカットしてくれるフリーソフト。機能はまさにiOS9.3のNight Shiftそのもの。f.luxの方が登場は早く、Windows版、Mac版、Linux版、Android版が用意されている。iPhone版は脱獄済みの端末向けに用意されているけれど、AppStoreの登録はAppleから許可が降りていない。

f.luxダウンロードページ

f.luxのオフィシャルサイトからアプリをダウンロード

f.lux:software to make your life better

ダウンロードできたソフトをインストールすると、早速ディスプレイの色味が暖色方向へ変化する。操作パネルのメニューは全て英語になっているけれど、難しい文章ではないので使い方は難しくない。「Disable~」とあれば「無効化するんだな」と覚えておけば大丈夫。

f.luxをインストールしたところ

f.luxをインストールすると早速時間に合わせてディスプレイの色温度が調整される(上が通常、下がインストール後のイメージ)。

 色味が変わるのはディスプレイ上の表示だけで、画像ファイルの色味に影響は無い。スクリーンショットも通常の色味で保存される。

写真のレタッチや画像編集の際はメニューにある項目か、操作パネル左下にある「Disable for one hour」をクリックすると1時間色温度調整が無効化される。動画視聴時など完全に無効にしたいときはメニューから「Exit f.lux」をクリックしてアプリを終了する。

f.lux - 無効化設定

一時的にf.luxの色温度調整を無効化したいときは「Disable~」を選択する。

日中でもブルーライトを削減してPCを使いたいときは、メニューボタン(ハンバーガーボタン)をクリック、「extras」にある「Use hotkeys」にチェックを入れておくことでキーボードショートカットで色温度の調整ができるようになる。「Altを押しながらPageDownキー」で色温度を下げ、「Altを押しながらPageUpキー」で戻すことができる。「Altを押しながらEndキー」は色温度調整の無効化のショートカット。画像編集を伴わないPC作業のときは積極的に利用したい。

f.lux - extras

昼間でもブルーライトを軽減したいときは「Use hotkeys」のチェックを入れておこう

 一時はJINSのPCメガネ(JINS SCREEN)も気に入って使っていたけれど、もともとメガネやサングラスをしない人だったので、視界にぼんやり残るフレームの存在感に慣れるのに時間がかかった(眩しくなくなるので効果は実感済み)。最近はPCモニタにもブルーライトカット機能が備わるものもあるけれど、有効化/無効化の切り替えにはモニタに手を伸ばす必要があるのだろう。後付のブルーライトカットフィルムはスマホ向けのそれと比べ意外に高価だ。フリーソフトで同じ目的を達成できるなら安上がりだし、煩わしさも無くなる。

「ソフトウェアでブルーライトの削減なんて可能なの?」と使う前までは半信半疑だったけれど、実際に機能をOFFにすると眩しく感じるし、目への刺激の強さが違うのは感じられる。ある程度の効果は確かにあるのだろう。しばらくこのまま使ってみよう。

 日本語メニューのあるソフトでブルーライト削減機能を使いたい場合はソースネクストからソフトが販売されている。

タグ:
スポンサーリンク
この記事をシェアする